当日予約はお電話でお願いします。

WEBの希望予約枠に空きがない場合、お電話にてお問い合わせ下さい。

WEB予約での注意事項が下記にありますので、ご参照ください

 

ando breast Clinic 女性を手厚くサポートする乳腺専門のクリニック

身近な問題だからこそ、しっかりと検診を受け、早期発見・早期治療を。

日本における30歳から65歳までの女性が発症する癌の第1位は「乳がん」です。毎年、約5万人の女性(およそ12人に1人)が乳がんを患い、そのうち1万人もの方が亡くなっています。乳がんは早期に発見し適切な治療を行えば、決して恐い病気ではありません。しかし残念ながら、症状がないから大丈夫、自分は乳がんにはならないだろうと検診を受けず、発見が遅れてしまう人が多いのが事実です。当クリニックでは、高性能のデジタルマンモグラフィと高解像度の超音波装置を導入し、乳腺専門医と熟練した女性検査技師による的確な画像診断で、乳がんの早期発見・早期治療に全力で努めています。女性の皆様に安心してお越しいただける身近なクリニックになれるよう、スタッフ一同、誠心誠意を込めてご対応致します。

乳がんについて詳しく見る

診療案内

01.乳がん診察

1年に1回の検診が早期発見・早期治療に繋がります。

女性の中には乳がんの検診に不安を持つ方も少なくないでしょう。もし乳がんの診断が下されれば、「乳房を失うかもしれない」、「死んでしまうかもしれない」という不安が出てくると思います。
しかし、現在では画像診断が発達し、早期に乳がんを発見できるため、大切な命が救われるようになりました。
その一つが「マンモグラフィ」です。マンモグラフィは乳房専用のX線撮影装置で主に石灰化を診断します。
もう一つが超音波装置で、乳腺に隠れたしこりを診断します。
これらにより、乳がんの早期発見が可能となり、早期に治療を行うことで死亡率が格段に減少します。
乳がんの検診・早期発見・早期治療は、自分自身の大切な命を救うことになるのです。

詳しく見る
02.乳がん治療

乳腺専門外来だからできる早くて正確な診断と的確な治療。

当院では「内分泌療法(ホルモン療法)」「抗がん剤治療」「分子標的治療」を行っております。
内分泌療法は手術後5年間の治療が標準治療となっています。内分泌療法は急な入院が必要になることはほとんどありませんが、長期に渡るため、手術をした病院への通院は大変な時もあります。当院では、手術をした病院に代わり、積極的に内分泌療法を行っています。
抗がん剤治療は様々な副作用があり、入院が必要になることもあるため、手術した病院と連携をとりながら行います。仕事や家庭の都合で、午後や土曜日に治療を受けたい方など、ご本人、ご家族のご都合に合わせた曜日で治療が可能です。
また、当院では、がんの病診連携パスを使った、病診連携も行っています。
副作用でお悩みの方のご相談や、乳がん術後の経過観察通院も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

詳しく見る
03.その他診療

女性の皆様が安心して毎日を過ごせるようにサポートします。

他の病院ではただの不調や更年期障害と見落とされがちなバセドウ病などの「甲状腺疾患」をはじめ、乳がんの手術時、腋窩リンパ節郭清を行った後、腕が腫れる「リンパ浮腫」の診療も当院では行っております。
甲状腺疾患では触診、超音波検査、血液検査を行い、正確な症状を早急に確認・診断致します。
リンパ浮腫ではリンパセラピストによるカウンセリングや予防法、セルフケアの方法など、安心して毎日を過ごしていただけるよう、常に患者様の立場に立ち、親身にアドバイスをし、しっかりとサポートしていきます。
また、インフルエンザワクチンや子宮頚がん予防ワクチン接種も承っておりますので、ご希望の方はお気軽にご予約ください。

詳しく見る

診療情報

 

2019.08.08

  休診について

  11月14日(木曜日)から11月16日(土曜日)まで、学会出席のため、休診します。

     ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

2018.10.3

  インフルエンザワクチンについて  10月15日から開始します。 終了しました。
    10月15日よりインフルエンザワクチンの接種を開始しています。
       1回 4,320円 (4,000円+消費税320円)で行います。

     名古屋市の補助は10月15日から開始です。 名古屋市補助の自己負担金は、1500円です。 

 

     各会社の補助も使えます。

2018.08.03

  WEB予約始めました。翌日からの予約ができます。予約はこちら

   WEB予約で予約枠に空きがなくても、電話予約用枠に空きがある場合がありますので、

   WEBの希望予約枠に空きがない場合は、お電話で、お問い合わせください。

   当日予約は、お電話でお願いします。

2018.03.09

  代務医師の診察について。

     2018年4月から毎月第2土曜日、第3土曜日は、代務医師と院長の2人での診察になります。

      医師のご希望があれば、予約時にお伝えください。

2018.01.13

 スタッフ募集 受付事務 & 放射線技師

 当院は現在スタッフを募集しています。

 ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

2015.09.01

  クリニックリサーチ ジャパンから取材を受けました。

 http://clinic-r.com/search/d:218982/

診療時間

診療時間
9:00~12:00
14:00~15:00 休診 休診
15:00~18:30 休診 休診

 

一般診療【予約優先】、 特殊診療【完全予約】
毎月 第2土曜日、第3土曜日は、院長と代務医師との2人体制になります。医師のご希望があれば、予約時にお申し出下さい。

 (第2土曜日、第3土曜日のいずれかが休診の場合、休診日の代わりに第1土曜日が2人体制になります。)

予約枠について

予約時間はあくまで目安となります。30分刻みの予約(30分の間に数名の診察予定)ですので、同じ時間の予約患者さんが存在します。
9時の予約であれば、9:00~9:30の診察枠、9時30分の予約では、9:30~10:00の予約枠になっています。

問診票や保険証の確認などがありますので、予約時間の10分前にはご来院ください。

9時の予約の方は8時50分までに、9時30分予約の方は9時20分までに来院してください。

予約枠の中で診察の順番が前後します。また、治療、処置の内容によっては時間がかかる場合があり、お待ちいただくこともありますので、

予めご了承ください。

 

 

WEB予約について

2週間先まで予約ができます。当日予約はお電話でお願いします。

当日のキャンセルは、お電話でお願いします。

お電話では、3か月先まで予約ができます。また、WEB予約の枠に空きがなくても、電話予約の枠に空きがある場合がありますので、

お急ぎの方は、お電話でお問い合わせ下さい。

 

WEB予約の方へのお願い

  • 予約時間の10分前にはご来院ください。
  • 診察で上半身は裸になりますので、上下分かれた服装でご来院ください。
  • 当院はクレジットカードに対応していませんので、現金をご用意ください。
  • 検診の方も保険証を必ず持参してください。異常があった場合は保険診療でさらなる検査をします。

 

PAGE TOP

2019年

8月

22日

質問1516:乳房の大きなしこりと痛み

Q1516

23歳です。約2週間前にうつ伏せになると左胸に何か大きな塊があるなと感じ、

次の日から胸が痛いのでおかしいなと思い病院に行きエコー検査を受け乳腺症と診断され、

リンパが腫れているということで薬をもらいました。しかし、その後も痛みが消えず、不安です。

乳腺症というものは定期的に痛いのが続くのでしょうか?

シコリかどうかわからないのですが最初に比べると小さくなっています。

乳房の大きな塊は乳腺そのもので、何かできているわけではありません。

痛みは生理的な痛みです。薬では痛みは取れません。

痛みについては、http://ando-breast-cl.cocolog-nifty.com/blog/ を参照してください。

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1515:ステレオマンモトーム生検の影響

Q1515

カテゴリー3で経過観察をしていた石灰化が増えたので、ステレオガイド下マンモトーム生検を受ける予定です。

経過観察の5年間、半年に1回マンモの検査をしており、直近では2週間前に受けたばかりなので、

ステレオガイド下マンモトーム生検で再度マンモをすることによる乳腺への放射線の影響が気になります。

マンモトーム生検の被曝量と影響度について教えて下さい。

また、マンモトーム生検は3回目となります。高濃度乳腺でディナゲストを服用してることもあり、

常に継続的な胸の痛みと張りを感じています。以前、マンモトーム生検をした際も、

1年ほど胸のしこり(血腫?)、硬さ、痛みが続きました。

マンモトーム生検を何回も行い、度々の乳腺の侵襲による乳がん発生リスクについても教えて下さい。

よろしくお願い致します。

ステレオマンモトーム生検被曝量はマンモグラフィと同等です。影響は特にありません。

マンモトーム生検の侵襲により乳がんの発生リスクが上がるというデータはありません。

リスクはないと考えて大丈夫です。

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1514:両側乳房の石灰化

Q1514

37歳、主婦です。

先日、乳がん検診でマンモグラフィを受けたところ右 カテゴリー3、左 カテゴリー2で、

要精密検査の結果が届きました。

両方に石灰化があるらしいのですが、右の方に数が多く、少し集まっている箇所があるのが気になる、とのことでした。

すぐに別の乳腺外科で再度マンモグラフィとエコーをしていただいたところ、

エコーでは両乳腺内に嚢胞性腫瘤あり(どちらも2㎜)

マンモグラフィは右 カテゴリー3、左 カテゴリー1、で問題ないので半年後にマンモグラフィとエコーの検査で、

経過観察と言われたのですが、大丈夫なのでしょうか?

マンモグラフィの報告書の備考欄に

「区域性であることを完全に否定できなかったので、広めの集簇性と解釈した。検診時から著変なし」と書かれていて、

診察の時に医師に質問出来れば

良かったのですが、家に戻って報告書を読んで気付いたので確認が出来ません。

否定できなかったということは、グレーということでしょうか?

石灰化の形を見ないと何とも言えませんが、両方の乳房に石灰化があるのは、良性です。

右に集まっているように見える部分があるだけで、異常ではないと推測します。

半年後に受診したときによく聞いてみて下さい。

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1513:乳房のいろいろな所に何かある

Q1513

左の胸の下部分が腫れています。脇近くも少し腫れている気がします。

またまっすぐ立った状態で見たところ少し形が変形してます。左胸です。

内側が少し凹んでいるように見えます。乳ガンの可能性は高いですか

それぞれの場所が違うので、乳がんの可能性は低いと思います。

 

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1512:オンコタイプDXの結果まで待っていて大丈夫か?

Q1512

7/26に浸潤性乳管がんで左胸の部分切除を行いました。

浸潤径25mm、グレード2、エストロゲン/プロゲストロン共に陽性、HER2陰性、Ki6724.4%、リンパ節転移なし、です。

8/13の術後の診察の際、抗がん剤への不安もあることからオンコタイプDXを申込み、

3週間ほどかかるということで現在待機中です。

放射線とホルモン療法は確定なのですが、オンコタイプの結果次第で抗がん剤を使用の場合には、

最初に抗がん剤から行っていくとのことで、今は身動きできず、

このまま何もしない状態で待つのが不安になってきました。

というのは、術中迅速病理にて乳頭側断端にわずかに非浸潤性乳管がんがあったとのことで、

今後追加切除するか、放射線照射ブースト追加のいずれかを選択するよう言われたこと。

さらに、最初の6/18の針生検では、グレード1Ki6721.5%であったこと。

手術までの約一か月で、進行していたと思うと、さらに再発進行してしまいそうで不安です。

安藤先生のご意見聞かせてください。

よろしくお願いいたします。

針生検の結果と手術標本のグレードやki67、エストロゲンレセプター、プロゲステロンレセプターの状態に

違いがあるのは、時々ある事なので、進行したわけではありません。

また、切除断端に乳がんが残っていたとしても12か月で進行することは無いので大丈夫です。

オンコタイプDXの結果を待ってからの治療で、手遅れになることはありませんので大丈夫です。

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1511:乳輪の色がうすくなり腫れている

Q1511

2ヶ月前から急に、右の乳輪が1センチぐらい色が薄くなって膨れてます。

痒みはないです。ほうって置いてもいいのでしょうか?

皮膚のできものができていると思います。

皮膚科で診てもらって下さい。

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1510:乳輪乳頭の皮膚炎

Q1510

乳輪の所が荒れて膿がでてきてかさぶたになっています。

今は皮膚の軟膏をぬってしのいでいるのですがこれはなにかの病気なのでしょうか?すごく不安です。

病院に行った方がいいのでしょうか。

皮膚炎で、乳輪、乳頭部分の皮膚炎は長引く時があるので、

皮膚科で診てもらって下さい。

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1509:乳がんと診断された その6

Q1509

Q1483の回答ありがとうございました。

手術から1ヶ月が経ち、放射線治療も6回を終えました。まだ言われているような副作用はありません。

悪性と言われてから今まで、あんどう先生がいなかったら心の病にかかっていただろうと思うと感謝してもしきれません。

また質問ですみません。

①手術した日から傷も腕の痛みもほとんどなく、手術したことすら忘れるほどでしたが、

術後1ヶ月経ち放射線治療をしてから、右胸と右腕の付け根と右肩と右の背中が痛いです。

放射線の影響ですか?ただの筋肉痛ですか?主治医は湿布を処方してくれただけでした。

1ヶ月で転移って事はありますか?

②放射線治療は一生に1回しか出来ないと聞きましたが、そんなに危険な治療ですか?

③どうしてもホルモン受容体+なのに注射で生理を止めないとなると、

悪性腫瘍の餌になってしまうのではないかと不安なのですが、抗がん剤をやらない治療法もあるのと同じで、

生理を止めない治療法もあると思えばいいですか?

④触ると硬くなってしまうので、乳輪が腫れてるのかしこりなのか分かりませんが、

最近ブラジャーや服にこすれてとても痛いです。手術前のいろいろな検査で乳輪の悪性腫瘍を見落とす事はありますか?

⑤子宮収縮のせいで腸閉塞気味のCTをとっても、腸閉塞のためのCTだと言って子宮の質問に答えてもらえず、

がんセンターでもほとんど関係ないと言われて質問に答えてもらえませんが、

がん相談支援センターは手術が終わった人でも今後の治療で不安な事など質問できますか?

よろしくお願いします。

本当は名古屋に引越ししたい位ですがそれは無理なので、これからずっと付き合っていく主治医とも、

あんどう先生の様に親身になって貰えるように、いい関係を作っていきたいと思います。 

  1か月で転移ということはありません。術後1か月はちょうど、手術で触った筋肉が固くなったり、

 放射線で乳房全体が固くなってくる頃ですので、その影響と考えられます。気にせずどんどん動かしてください。

  放射線は1部位に一生で1回が限度です。それ以上放射線を当てると放射線障害が出るからです。

 同じ部位でなければ放射線は可能です。例えば、右乳房に放射線して、その後左乳房に放射線を当てることはできます。

  その通りです。ノルバデックスは乳がんがエサ(女性ホルモン)を食べようとする口に鍵をする薬です。生理を止めるのは、体の中のエサ(女性ホルモン)を減らす治療です。

  乳輪部分の悪性腫瘍を見落とすことはありません。

  がん相談支援センターは、がんの人なら誰でもなんでも聞けますので、そちらで相談するのが一番だと思います。

 

  ありがとうございました。

 

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1508:乳房のくぼみ

Q1508

こんにちわ。32歳 出産経験なしです。

最近左の乳房にくぼみ(セルライトのような?)がでてきました。

腕をあげるとなくなりますがダラーとお腹垂らすとくぼみがあらわれ横腹にも似たようなセルライトのような

くぼみがでます。

(ここ半年で+5kgほど体重が増えました)

2年に健康診断のオプションでうけたエコーで要再検査になり、

再度マンモと超音波で再検査で異常はないと言われました。

また健康診断の際左胸は乳がんになりやすい胸だ、と言われたことがあります。

セルフチェックもしましたがしこりばかりでよくわかりません(以前乳腺症 診断されたことがあります)

気持ち的に左脇もちょっと右に比べて腫れているような。

検査に行く予定ですが乳がんの心配はありますでしょうか。

現段階で乳がんを積極的に疑う所見はありません。

 

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1507:4cmの腫瘤

Q1507

今年37才になるもので、出産経験はありません。

34才のときに左胸(乳輪の少し左上)にしこりがあることに気づき受診。

同じような場所に2つしこりがあり、他にもしこりと嚢胞と思われるものがいくつかあると言われ、

当時一番大きかった(1㎝弱)のしこりを細胞診され乳腺繊維腺腫と診断されました。

半年後とさらに1年後の経過観察で大きくなってなかったので、セルフチェックを続け異常を感じなければ、

次の診察は2年後ぐらいでokと言われてたのですが、2年経ったころ県外へ転勤になり、

引っ越し先の病院で受診(マンモグラフィとエコーをしました)したところ、

エコーで左胸と右胸(両方とも乳輪の下あたり)にしこりがみつかり、左胸に関しては4㎝弱もあり、

すぐ針生検されました。

以前通っていた病院ではここにもしこりがあると言われなかったか聞かれましたが、

とくに問題ないと思われスルーされたのか、当時は何もなかったのか、その部分については何も指摘されず、

私も定期的にセルフチェックはしてたのですが、全然気づきませんでした。

 結果は「悪いものではなかったのでそのまま放置していいでしょう。1年後の経過観察で。」と言われ、

右胸のしこりも同じようなものだから検査しなくていいと言われました。

ただ、乳腺繊維腺腫ですか?と聞いても、「そんなもんだと思うがそれはわからない」ということでした。

 これから不妊治療を始めるためホルモン注射などがたくさんあるが問題ないか聞いたところ、

ホルモン注射で乳ガンになるということはないので大丈夫だ、と言われ不妊治療は続けてますが、

いろいろ調べるうちに、良性でも葉状腫瘍だった場合、この大きさで放置していたら悪性になるんじゃないか、

とかモヤモヤ気になり出しました。 

 またホルモン注射が終わった頃から左肩から腕がだるく、たまに脇が張ったような感覚があり、

ただの精神的なものや不妊治療のホルモン薬の影響なのか、左胸にしこりや嚢胞が多く、

すべて針を刺して検査したわけではないので、検査をすり抜けたものが実は悪いものだったんじゃないかとか

気になってしまいます。 

 心配なら経過観察は半年後でもいいよ、と言われたので半年後には必ず受診するつもりですが、

半年を待たずに受診した方がいいでしょうか?

 まだ引っ越し先の病院でマンモグラフィとエコーをしてから1か月しか経ってないのですが、

ホルモン注射でエストラジオールの数値が妊娠時と同じぐらいかなり上がっていたこともあり心配です。

 よくセルフチェックで気をつけてみるポイント、皮膚の表面がオレンジの皮みたいになったり、えくぼやひきつれ、

乳頭からの分泌物といったものはまったくないです。心配しすぎでしょうか?

 またこの年齢で出産経験がなく複数のしこりもちで、不妊治療のホルモン療法を受けていると乳ガンになるリスクが高い

ことは承知してますが、今後の経過観察はお医者様がひとりの病院より、

複数いらっしゃる大きな病院にかかった方がいいのでしょうか。

痛みと乳がんは関係ないので、痛みで乳がんを心配する必要はありません。

不妊治療で使うホルモン注射で、乳房に痛みが出ることは良くあります。

4㎝の腫瘤は針生検して、良性で、葉状腫瘍を疑う部分が無いので、1年後の経過観察になったのではないでしょうか。

葉状腫瘍の疑いがあり、4㎝なら切除を勧めると思います。

診てもらう病院ですが、貴方の気持ちの落ち着くところで診てもらって下さい。

医師が複数いる病院でも乳腺外科医がいなかったり、一人しかいないことは良くありますので、

良く調べてからにしてください。

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1506:高校生の陥没乳頭

Q1506

高校2年生女子です。

中学生になったくらいの時(あやふやですみません。

でもそのくらいだったと思います。)に左の乳頭が凹んでいることに気付きました。

そして次の日お風呂に入る時に左の凹んでいる乳頭に白いカスみたいなものが詰まっていました。

取り除くと取れるのですが、また少し経つと白いカスが出てきていました。

母親にも相談しましたが、まだ若いし乳癌とかじゃないよ。ちゃんとお風呂の時に洗いなさい。

汚れが溜まってるだけでしょ。と言われて私も最初はそこまで気になっていませんでした。

そこから高校生になるまで多少気になってはいましたが、そこまで気にせず過ごしてきました。

それから高校生になり、やはりお風呂に入る時に気になってしまったので、ネットで調べてみると、

片方だけの分泌物は癌の初期症状などと書いてあり、やはり心配になってきました。

高校生で乳癌はほんとに稀であるとは書いていましたがやはり気になって心配です。

高校生での乳がんは無いので、安心してください。

陥没乳頭に皮膚の汚れが溜まっているだけです。

陥没乳頭を治すと溜まらなくなります。形成外科で相談してみて下さい。

美容整形ではないので、注意して下さい。

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1505:検診で、のう胞性腫瘤

Q1505

会社の健康診断で乳がん検診マンモとエコーを受け今まで異常なしだったのですが受け初めてC判定でした。

28歳 未婚です。A領域左嚢胞性腫瘤(他領域にもあり)A領域乳管拡張

嚢胞性腫瘤とはのう胞の事でしょうか?

乳管拡張とは癌にる可能性がありますか?

全て初めてで不安です。。

のう胞性腫瘤が嚢胞の事とは限りません。

C判定で、経過観察ですが、乳腺外科で診てもらったほうがいいかと思います。

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1504:乳房の黒ずみ

Q1504

4年ほど前から、右胸乳房に黒ずみがあります。

毎年、マンモとエコー検診を受けてますが、異常はありませんが、黒ずみがよくなることもなく、何となく不安です。

先生からは、四年前に一度だけヒルドイドを処方されました。

4年前からあるのであれば、乳がんとは関係が無いので、

皮膚科で診てもらって下さい。

0 コメント

2019年

8月

20日

質問1503:細胞診をしない理由

Q1503

H20年に左繊維腺腫と診断され1.0cmでした。

1年に1回定期検診を受けH30年に両側繊維腺腫、右上に1.4cm.右下に0.7cm、左は2.0cmでした。

H31年には右上1.6cm、右下1.2cm、左は2.3cmでした。

毎回マンモグラフィーとエコー検査のみで細胞診などをした事はありません。

次も半年後来てくださいとの事で、大きくなっているからどうなのかなどの今後の話は特になく、

細胞診などの提案などもありませんがこのまま、マンモグラフィーとエコー検査だけで大丈夫なのでしょうか。

画像から明らかな良性なので、細胞診をしないのではないでしょうか。

 

0 コメント

2019年

8月

17日

質問1502:触って分かるようになった乳房のしこり

Q1502

いつもそちらでお世話になっている者です

四、五年程良性のしこりで大きさもずっと変わっていないので経過観察中です。

現在授乳中で心配になり数ヶ月前に伺いました

その際はしこりが分からなくなってきている。なくなるかもしれないと先生に教えていただきました。

最近触るとまた分かるようになってきました。悪いものになっていないか心配です。

また伺うべきか迷っております。返信宜しくお願い致します

授乳中なので、ミルクがたまってしこりになっている可能性もあります。

ご心配なら受診してください。

0 コメント

2019年

8月

17日

質問1501:21歳の乳房のしこり

Q1501

21歳です。先日、町の検診で乳がんの超音波検査をしました。

左の胸だけ右より長いような気がしました。

家に帰って左胸を触ってみると乳首の下にころっとしたしこりがありました。

(つるっとしてる)1cmくらいのもの、乳腺?しこり?

結果は1ヶ月後くらいに届くのですが早めに受診したほうがいいですか?乳がんの可能性もありますか?

年齢から、乳がんの可能性はほとんどないので、

結果が来てからの受診で、大丈夫です。

0 コメント

2019年

8月

17日

質問1500:透明な乳頭分泌

Q1500

お忙しい中宜しくお願いします。左胸の服が濡れていたので乳頭を摘まんでみたなら透明な液が、

小指第1関節ぐらいまでじわっとでて来ました。先端からではないと思います。

乳頭からなのは間違いありません。左胸だけで1ヶ所です。方胸かつ、1ヶ所はよくないと聞いたことがあり心配です。

症状があってから液が出続けているのか左胸だけひんやりとしていています。

早急に検査が必要でしょうか?44歳です。年齢的なものでしょうか?気になって何度もつまんでしまいます。

やりすぎると出やすくなってしまいますか?色々と質問してしまいすみません。宜しくお願いします。

今まで乳がんの検査をした事があるのでしょうか?1年以内に乳がんの検査をしているのであれば、

このまま放置で大丈夫です。検査をしていないのであれば、乳腺外科を受診してください。

赤、黒、茶色などの血液混じりの分泌はすぐに検査が必要ですが、

透明、黄色、白色などの分泌はいくらでても心配ありません。

0 コメント

2019年

8月

17日

質問1499:新たにできたしこり

Q1499

5年前から左乳房の石灰化をフォローしている46歳です。

今までマンモでは変わりなく、エコーでは両胸のC領域にそれぞれ1つづつFA疑いの腫瘤を指摘されており、

年に一回の検査を続けていました。

ところが今年、マンモでは変わりがないものの、エコーで左胸A領域に新たに2つの腫瘤を指摘され、

一方がカテゴリー5充実腺管癌疑い、他方が非浸潤癌を否定できないとでました。

しこりには気づきませんでしたが、エコーで調べられていた付近に言われてみればしこりがあり表面がデコボコしているように感じます。充実腺管癌疑いの方はD/W0.81でカラードプラーで腫瘤の中に青い点が二カ所見えました。

診察の際に使用された画像はカラーのものはなく、医師の説明ではその2つの点は石灰化を反映したものじゃないかと

言い、3ヶ月後にエコー再検になりました。私は今までの石灰化はFA疑いの部分が映っていると思っていたのです。

私としては、全ての所見が悪性を示唆しているように感じて、このまま経過を見ずにすぐにでも検査したいのですが、

この状況でも良性の可能性は残されているのでしょうか。また早急に検査を行うことによるデメリットはあるのでしょうか。

すいません、状況がよくわからないのですが、

左の石灰化は、5年間変化なし、新たに左乳房にしこりができたと言うことですね。

超音波で新たなしこりを[一方がカテゴリー5充実腺管癌疑い、他方が非浸潤癌を否定できない]と診断したのは、

誰なんでしょうか? 乳がんの疑いのある病変を3ヶ月様子を見るのは良く無いと思いますので、

もう一度しっかり聞いてきた方がいいのでは無いでしょうか。

0 コメント

2019年

8月

17日

質問1498:疑問があるが再受診していいのか?

Q1498

はじめまして、49才、出産2回、生理あり。

先日年に一度の乳エコーを受けた所、前回無かった黒く丸いものが映っていました。

先生は必要以上に心配しなくてよいが、何かはわからないと。経過観察で大きさの比較の為、

次回は半年後にマンモとエコーをやりましょうとの事。お忙しい様子でその後何も質問出来ませんでした。

①良性腫瘍は楕円形が多いとの事ですが、私は比較的縦方向のまん丸

②1年で出来てしまったパソコンモニター上で直径2センチ位のものを放置して大丈夫か?成長が早いのではないか?

これらの疑問が芽生え、半年待たずに先生に正直な気持ちを告げるため再度受診して良いものか悩んでおります。

選択出来るなら針生検もと思っています。

嫌われる患者にはなりたくないのですが、悪性だったら行動せずに最悪の結果になるのが一番悔やまれます。

先生の見解をお伺いしたいです。

正直な気持ちを伝えるために、再度受診するのが、

一番だと思います。

0 コメント

2019年

8月

17日

質問1497:リウマチ治療中の血性乳頭分泌 その2

Q1497

以前、乳癌検診の医師からの結果を信じるか信じないかは、あなた次第と。回答を頂いた息子です。

あれから、乳頭分泌物を病理検査した結果、癌だと、昨日わかりました。

最初の診断には、触診でしこりはなく、黒い物がうつるが、問題ないでしょうとの結果でした。

某名古屋の大きい病院の医師が、最初から分泌物を検査していれば、早くわかったと思います。

その病院に、名古屋市内の大学病院の医師が各週で来ているようで、たまたま目にとまり発見できたそうです。

現在の分泌物は、最初の透明や赤色の血液から、茶色くなっています。

これは、進行しているのでしょうか?

また、現在治療中のリウマチの痛みなのか首や肩が痛いと言っています。

転移も心配です。

手でしこりがさわらず、分泌物で発見される乳癌の場合、進行はどんなものでしょうか?

また、どんな治療や手術がはじまりますか?

回答、宜しくお願いします。

分泌物の細胞診だけでがん細胞があるのであれば、慎重にもう少し詳しく検査をしなければいけません。

細胞診では、がん細胞のように見えてがん細胞ではない場合があるからです。

分泌物の色と乳がんの進行具合とは関係が無いので、進行しているわけではありません。

分泌物だけの乳がんの場合、乳管内の乳がんだけなので、非浸潤性乳管がんですので、転移はしません。

ですから、首や肩の痛みは、リウマチによるものです。

治療は手術ですが、分泌物細胞診だけで乳がんなので、乳管造影、MRIを行い、病変の状態を確認します。

その後、分泌の出る乳管だけを手術で摘出(腺葉切除)します。 

切除した部分に乳がんがあれば、MRIで造影された部分を、改めて手術し直すことになります。

分泌物だけの乳がんなので、乳がんじゃ無かった場合を考えて侵襲の少ない手術を段階を踏んで行うことになると

思います。

0 コメント

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.