ando breast Clinic 女性を手厚くサポートする乳腺専門のクリニック

身近な問題だからこそ、しっかりと検診を受け、早期発見・早期治療を。

日本における30歳から65歳までの女性が発症する癌の第1位は「乳がん」です。毎年、約5万人の女性(およそ12人に1人)が乳がんを患い、そのうち1万人もの方が亡くなっています。乳がんは早期に発見し適切な治療を行えば、決して恐い病気ではありません。しかし残念ながら、症状がないから大丈夫、自分は乳がんにはならないだろうと検診を受けず、発見が遅れてしまう人が多いのが事実です。当クリニックでは、高性能のデジタルマンモグラフィと高解像度の超音波装置を導入し、乳腺専門医と熟練した女性検査技師による的確な画像診断で、乳がんの早期発見・早期治療に全力で努めています。女性の皆様に安心してお越しいただける身近なクリニックになれるよう、スタッフ一同、誠心誠意を込めてご対応致します。

乳がんについて詳しく見る

診療案内

01.乳がん診察

1年に1回の検診が早期発見・早期治療に繋がります。

女性の中には乳がんの検診に不安を持つ方も少なくないでしょう。もし乳がんの診断が下されれば、「乳房を失うかもしれない」、「死んでしまうかもしれない」という不安が出てくると思います。
しかし、現在では画像診断が発達し、早期に乳がんを発見できるため、大切な命が救われるようになりました。
その一つが「マンモグラフィ」です。マンモグラフィは乳房専用のX線撮影装置で主に石灰化を診断します。
もう一つが超音波装置で、乳腺に隠れたしこりを診断します。
これらにより、乳がんの早期発見が可能となり、早期に治療を行うことで死亡率が格段に減少します。
乳がんの検診・早期発見・早期治療は、自分自身の大切な命を救うことになるのです。

詳しく見る
02.乳がん治療

乳腺専門外来だからできる早くて正確な診断と的確な治療。

当院では「内分泌療法(ホルモン療法)」「抗がん剤治療」「分子標的治療」を行っております。
内分泌療法は手術後5年間の治療が標準治療となっています。内分泌療法は急な入院が必要になることはほとんどありませんが、長期に渡るため、手術をした病院への通院は大変な時もあります。当院では、手術をした病院に代わり、積極的に内分泌療法を行っています。
抗がん剤治療は様々な副作用があり、入院が必要になることもあるため、手術した病院と連携をとりながら行います。仕事や家庭の都合で、午後や土曜日に治療を受けたい方など、ご本人、ご家族のご都合に合わせた曜日で治療が可能です。
また、当院では、がんの病診連携パスを使った、病診連携も行っています。
副作用でお悩みの方のご相談や、乳がん術後の経過観察通院も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

詳しく見る
03.その他診療

女性の皆様が安心して毎日を過ごせるようにサポートします。

他の病院ではただの不調や更年期障害と見落とされがちなバセドウ病などの「甲状腺疾患」をはじめ、乳がんの手術時、腋窩リンパ節郭清を行った後、腕が腫れる「リンパ浮腫」の診療も当院では行っております。
甲状腺疾患では触診、超音波検査、血液検査を行い、正確な症状を早急に確認・診断致します。
リンパ浮腫ではリンパセラピストによるカウンセリングや予防法、セルフケアの方法など、安心して毎日を過ごしていただけるよう、常に患者様の立場に立ち、親身にアドバイスをし、しっかりとサポートしていきます。
また、インフルエンザワクチンや子宮頚がん予防ワクチン接種も承っておりますので、ご希望の方はお気軽にご予約ください。

詳しく見る

診療情報

2018.02.15

     休診のお知らせ

 5月16日(水曜日)から5月18日(金曜日)まで、乳癌学会出席のため休診します。

 5月19日(土曜日)から通常診療になります。

 ご迷惑をおかけして申し訳ありません

2018.01.13

 スタッフ募集 受付事務&看護師

 当院は現在スタッフを募集しています。

 ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

2018.01.13

  リンパ浮腫外来閉鎖のお知らせ

   リンパ浮腫セラピストの退職に伴いリンパ浮腫外来を2018年3月末をもって閉鎖します。

   ご迷惑をお掛けしますが、ご理解と、ご協力をお願い申し上げます

2017.09.07

  インフルエンザワクチンについて
    10月15日よりインフルエンザワクチンの接種を開始しています。
       1回 4,320円 (4,000円+消費税320円)で行います。

     名古屋市の補助は10月15日から開始です。 名古屋市補助の自己負担金は、1500円です。 

     各会社の補助も使えます。

2016.04.12

  代務医師の診察について。

     2016年4月から毎月第3土曜日は、代務医師と院長の2人での診察になります。

     医師のご希望があれば、予約時にお伝えください。

2015.09.01

  クリニックリサーチ ジャパンから取材を受けました。

 http://clinic-r.com/search/d:218982/

2015.06.15

  ホームページがリニューアル致しました。

    今後とも、よろしくお願い致します。

2015.04.10

  名古屋市の暮らしの情報より検診のお知らせ
     名古屋市では特定の年齢の方を対象に無料クーポンによる乳癌検診を行っております。
     名古屋市在住の方は、がん検診の自己負担金が一律500円になりました。無料クーポンによる乳がん検診、

     500円のワンコイン乳がん検診も当院で行えます。

診療時間

診療時間
9:00~12:00
14:00~15:00 休診 休診
15:00~18:30 休診 休診

 

一般診療【予約優先】、 特殊診療【完全予約】
毎月第3土曜日は、代務医師との2診体制になります。

予約枠について

予約時間はあくまで目安となります。30分刻みの予約(30分の間に数名の診察予定)ですので、同じ時間の予約患者さんが存在します。
9時の予約であれば、9:00~9:30の診察枠、9時30分の予約では、9:30~10:00の予約枠になっています。9時の予約の方は9時に、9時30分予約の方は9時30分に来院してください。予約枠の中で診察の順番が前後します。また、治療、処置の内容によっては時間がかかる場合があり、お待ちいただくこともありますので予めご了承ください。

PAGE TOP

2018年

2月

15日

質問875:当院の受付の対応について

Q875

受付の人の対応について‥‥何人もの方が書かれていますが、本当に感情もなく、淡々と機械が喋ってるのかと思うくらい同じトーンでしゃべります。感情が無い方なんでしょうか??

先生も看護師の方もとても話しやすくて綺麗で素敵なクリニックなのに、とても残念だなと思います。

以前も私が待ち合いで待っていると、予約の電話が鳴り応対して切ったあと、かけてきた人の文句を言っていました。

私も電話した後、そうやって何か言われてるんだろうなと嫌な気持ちになりました。改善できないのでしょうか??

申し訳ありません。

回答をもう少しお待ちください。

0 コメント

2018年

2月

15日

質問874:授乳中のしこり

Q874

授乳2週間目です。丸い小さなしこりが右にだけ所々あります。ぷにぷにはしていません。

右だけ張る回数は多いし痛いです。生まれる1ヶ月前にエコーで乳房みてもらい以上なしでした。

これわ授乳による乳腺発達によるしこりで悪いものでわないでしょうか。

その通りだと思います。ミルクのできる量に対して、赤ちゃんが飲む量が少ないので、しこりのようになります。

搾乳するのもひとつの方法と思います。

助産師さんに相談して下さい。授乳中のことは、まず助産師さんです。

乳腺外科医は、授乳中のトラブルのことはよく知らないのです。

0 コメント

2018年

2月

15日

質問873:授乳中の赤いしこり

Q873

はじめまして。相談させていただきたいことがあります。12月に出産し、ただ今授乳中です。

2.3週間ほど前から、赤ちゃんを抱いた時に、右胸の真ん中より少し上で、谷間に近い部分(乳房の上です)に痛みを感じるようになり、

触ってみるとしこりがありました。何もしなければ痛くないですが、押したり何かが当たったら痛いです。激痛まではいきません。

赤ちゃんの検診の時にドクターに話したらおっぱいが詰まってるものだから、赤ちゃんにたくさん吸ってもらって、

シャワー浴びてる時にマッサージして…って言われました。(触診なし)

 なので、授乳中にしこりを押して母乳が流れるようになど、やってみました。そうしたら2.3日経って、

外からでもしこりもうっすらわかるぐらい腫れ(しこりも大きくなってるように見えます)、その周りも赤くなって腫れてしまいました。

押さなくても少しズキッとした痛みを感じることもでてきました。(ズキッとする痛みはたまに別の胸にもあることもあります)

腫れが特別熱を持っていることもありません。しこりの触り心地は硬く、最初は骨を触ってるのかと思っていました。

場所によっては弾力のあるところもあります。最初は滑らかな触り心地でしたが、心なしか滑らかではないような…  押しても動きません。

気付いた時は2センチほどの感覚でしたが、腫れてからは倍ほどになった気もします。

赤ちゃんを抱いて気付いたと言いましたが、今思い返すと、妊娠前か妊娠中にもその場所に何かが当たって、痛いと思っていたような気もします。

(はっきりと覚えていないのですが、何かそこをかばっていたような…)その時は、痩せていて骨が出ているためだと、

セルフチェックなどはしませんでした。

乳がんの特徴に当てはまっていたり当てはまっていなかったりするので、すごく不安です。また、マッサージしてしまったことが、

悪化させる要因になったりしていないかもこわいです。母乳もそのまま続けてあげていいのでしょうか??

身内に乳がんは誰もいません。赤ちゃんも産まれたばかりで、ずっと成長をみていたいのに、

不安ばかりが募って育児に影響が出たら本当に赤ちゃんに申し訳なく思います。食べなければいけないのに、心配で食欲もわきません。

 すぐにでも病院に行きたいのですが、オーストラリアに住んでいてしかも、週に一回しかドクターが来ない田舎なので、

それまで診てもらうことができません。3時間運転すれば街に出れますが、赤ちゃんがいるので連れて行くこともためらい、パートナーも仕事のため、

預けておくことが難しいので、週に一回のドクターを待っています。

もちろん、ドクターに会えば何かわかるかもしれませんが、専門の方ではないので、今のこの不安な状態を専門のお医者様に質問してはっきり

(可能性でも)させたいのです。たくさん質問すみません。 どうか、よろしくお願いいたします

乳がんではなく、ミルクが詰まって、ミルクの袋ができ、そこに、細菌感染したため、赤くなっているのです。授乳は続けます。

マッサージしながら、授乳して下さい。抗生剤の内服も必要です。

もっとひどくなると、切開排膿と言って、メスでしこりの部分を切開して、膿を出す必要が出てくるかもしれません。

薬局で抗生剤を買って内服し、しこりのあるほうから授乳し、授乳中は、マッサージをするという対処が必要です。

日本だと母乳外来とかで、助産師さんにマッサージをしてもらうように、指導しますが、オーストラリアの事情は分かりません。

オーストラリア人のお年寄りに聞いてみてください。昔の人は、自分で対処していたので、何かいい知恵があるかもしれません。

0 コメント

2018年

2月

15日

質問872:良性腫瘍の増大

Q872

はじめまして。42歳で子供が3人います。今から1年前の乳がん健診でマンモでは異常なしでしたが、エコーで腫瘍を指摘されました。

それまではマンモは毎年していましたが、エコーは10年ぶりでした。

その時の腫瘍は11、◯ミリ×7、◯ミリくらいだったと思います。画像もきれいで経過観察でいいと言われたのですが、私が心配性なため、

細胞診をお願いして良性と分かったのが昨年8月です。その後半年後の今年2月に定期健診をしましたところ、

135ミリ×133ミリ×84ミリと若干大きくなっていました。形は悪くないので次回は3カ月後の経過観察となったのですが、

針生検など検査はしなくてこのまま経過観察でも大丈夫なんでしょうか?

1年で2ミリほど大きくなる事はあるのでしょうか?

画像が良性で、細胞診が良性であれば、良性腫瘍です。良性腫瘍でも、1年で2mm大きくなることはよくあります。

また2mmだと大きさの測り方によっても変わるので、誤差の可能性もあります。針生検までする必要はないと思います。

0 コメント

2018年

2月

15日

質問871:高齢出産と乳がんのリスク

Q871

35歳で初産でした。現在37歳で二人目を考えています。高齢初産だったので、乳がんになるリスクが高いことは覚悟しているのですが、この先もう一人この年で産むことでさらに乳がんになるリスクは高くなるのでしょうか?また一人目の時は一年間母乳で育てましたが、

37歳という高齢で、二人目も母乳で育てることは乳がんのリスクがさらに増したりするのでしょうか?教えてください。

よろしくお願いします。

高齢出産がホルモン依存性乳癌のリスクを上げるデータはありますが、初産に限られていて、2人目の出産が、

さらにリスクを上げるというデータはありません。

母乳で育てることは、乳癌のリスクを下げますので、できるだけ母乳で育てたほうが、いいともいます。

0 コメント

2018年

2月

15日

質問875:当院の受付の対応について

Q875

受付の人の対応について‥‥何人もの方が書かれていますが、本当に感情もなく、淡々と機械が喋ってるのかと思うくらい同じトーンでしゃべります。感情が無い方なんでしょうか??

先生も看護師の方もとても話しやすくて綺麗で素敵なクリニックなのに、とても残念だなと思います。

以前も私が待ち合いで待っていると、予約の電話が鳴り応対して切ったあと、かけてきた人の文句を言っていました。

私も電話した後、そうやって何か言われてるんだろうなと嫌な気持ちになりました。改善できないのでしょうか??

申し訳ありません。

回答をもう少しお待ちください。

0 コメント

2018年

2月

15日

質問874:授乳中のしこり

Q874

授乳2週間目です。丸い小さなしこりが右にだけ所々あります。ぷにぷにはしていません。

右だけ張る回数は多いし痛いです。生まれる1ヶ月前にエコーで乳房みてもらい以上なしでした。

これわ授乳による乳腺発達によるしこりで悪いものでわないでしょうか。

その通りだと思います。ミルクのできる量に対して、赤ちゃんが飲む量が少ないので、しこりのようになります。

搾乳するのもひとつの方法と思います。

助産師さんに相談して下さい。授乳中のことは、まず助産師さんです。

乳腺外科医は、授乳中のトラブルのことはよく知らないのです。

0 コメント

2018年

2月

15日

質問873:授乳中の赤いしこり

Q873

はじめまして。相談させていただきたいことがあります。12月に出産し、ただ今授乳中です。

2.3週間ほど前から、赤ちゃんを抱いた時に、右胸の真ん中より少し上で、谷間に近い部分(乳房の上です)に痛みを感じるようになり、

触ってみるとしこりがありました。何もしなければ痛くないですが、押したり何かが当たったら痛いです。激痛まではいきません。

赤ちゃんの検診の時にドクターに話したらおっぱいが詰まってるものだから、赤ちゃんにたくさん吸ってもらって、

シャワー浴びてる時にマッサージして…って言われました。(触診なし)

 なので、授乳中にしこりを押して母乳が流れるようになど、やってみました。そうしたら2.3日経って、

外からでもしこりもうっすらわかるぐらい腫れ(しこりも大きくなってるように見えます)、その周りも赤くなって腫れてしまいました。

押さなくても少しズキッとした痛みを感じることもでてきました。(ズキッとする痛みはたまに別の胸にもあることもあります)

腫れが特別熱を持っていることもありません。しこりの触り心地は硬く、最初は骨を触ってるのかと思っていました。

場所によっては弾力のあるところもあります。最初は滑らかな触り心地でしたが、心なしか滑らかではないような…  押しても動きません。

気付いた時は2センチほどの感覚でしたが、腫れてからは倍ほどになった気もします。

赤ちゃんを抱いて気付いたと言いましたが、今思い返すと、妊娠前か妊娠中にもその場所に何かが当たって、痛いと思っていたような気もします。

(はっきりと覚えていないのですが、何かそこをかばっていたような…)その時は、痩せていて骨が出ているためだと、

セルフチェックなどはしませんでした。

乳がんの特徴に当てはまっていたり当てはまっていなかったりするので、すごく不安です。また、マッサージしてしまったことが、

悪化させる要因になったりしていないかもこわいです。母乳もそのまま続けてあげていいのでしょうか??

身内に乳がんは誰もいません。赤ちゃんも産まれたばかりで、ずっと成長をみていたいのに、

不安ばかりが募って育児に影響が出たら本当に赤ちゃんに申し訳なく思います。食べなければいけないのに、心配で食欲もわきません。

 すぐにでも病院に行きたいのですが、オーストラリアに住んでいてしかも、週に一回しかドクターが来ない田舎なので、

それまで診てもらうことができません。3時間運転すれば街に出れますが、赤ちゃんがいるので連れて行くこともためらい、パートナーも仕事のため、

預けておくことが難しいので、週に一回のドクターを待っています。

もちろん、ドクターに会えば何かわかるかもしれませんが、専門の方ではないので、今のこの不安な状態を専門のお医者様に質問してはっきり

(可能性でも)させたいのです。たくさん質問すみません。 どうか、よろしくお願いいたします

乳がんではなく、ミルクが詰まって、ミルクの袋ができ、そこに、細菌感染したため、赤くなっているのです。授乳は続けます。

マッサージしながら、授乳して下さい。抗生剤の内服も必要です。

もっとひどくなると、切開排膿と言って、メスでしこりの部分を切開して、膿を出す必要が出てくるかもしれません。

薬局で抗生剤を買って内服し、しこりのあるほうから授乳し、授乳中は、マッサージをするという対処が必要です。

日本だと母乳外来とかで、助産師さんにマッサージをしてもらうように、指導しますが、オーストラリアの事情は分かりません。

オーストラリア人のお年寄りに聞いてみてください。昔の人は、自分で対処していたので、何かいい知恵があるかもしれません。

0 コメント

2018年

2月

15日

質問872:良性腫瘍の増大

Q872

はじめまして。42歳で子供が3人います。今から1年前の乳がん健診でマンモでは異常なしでしたが、エコーで腫瘍を指摘されました。

それまではマンモは毎年していましたが、エコーは10年ぶりでした。

その時の腫瘍は11、◯ミリ×7、◯ミリくらいだったと思います。画像もきれいで経過観察でいいと言われたのですが、私が心配性なため、

細胞診をお願いして良性と分かったのが昨年8月です。その後半年後の今年2月に定期健診をしましたところ、

135ミリ×133ミリ×84ミリと若干大きくなっていました。形は悪くないので次回は3カ月後の経過観察となったのですが、

針生検など検査はしなくてこのまま経過観察でも大丈夫なんでしょうか?

1年で2ミリほど大きくなる事はあるのでしょうか?

画像が良性で、細胞診が良性であれば、良性腫瘍です。良性腫瘍でも、1年で2mm大きくなることはよくあります。

また2mmだと大きさの測り方によっても変わるので、誤差の可能性もあります。針生検までする必要はないと思います。

0 コメント

2018年

2月

15日

質問871:高齢出産と乳がんのリスク

Q871

35歳で初産でした。現在37歳で二人目を考えています。高齢初産だったので、乳がんになるリスクが高いことは覚悟しているのですが、この先もう一人この年で産むことでさらに乳がんになるリスクは高くなるのでしょうか?また一人目の時は一年間母乳で育てましたが、

37歳という高齢で、二人目も母乳で育てることは乳がんのリスクがさらに増したりするのでしょうか?教えてください。

よろしくお願いします。

高齢出産がホルモン依存性乳癌のリスクを上げるデータはありますが、初産に限られていて、2人目の出産が、

さらにリスクを上げるというデータはありません。

母乳で育てることは、乳癌のリスクを下げますので、できるだけ母乳で育てたほうが、いいともいます。

0 コメント

2018年

2月

06日

質問870:乳腺症のしこり?

Q870

はじめまして。21歳です。左胸に2センチほどのしこりがあり、先日県でも有名な乳腺クリニックに受診しました。

年齢のことを考えて、超音波での検査だけでいいということで、してもらいました。

その2センチのしこりは乳腺症で、そのしこりより少し離れた1センチほどのしこりが乳がんかもしれない。すぐにMRIの予約を。と言われました。

右胸にもしこりはありませんが、7ミリのしこりがあるということです。

まず今日は細胞診だけはしときましょう。ということで、肩の下に丸めたタオルをひいてもらい、もう1度超音波で確認してもらったところ、

それはさっき見にくかっただけで、2センチの乳腺症の一部でしょう。とのことでした。

結局MRIは必要なく、左胸は乳腺症で右胸のしこりが気になるので半年後にまた検査しましょう。とのことです。

年齢が低い分、乳がんは進行が早いと聞きました。

母も55歳で乳がんとなりました。半年後までほっておいて大丈夫でしょうか?

まず年齢から乳がんの可能性はないと思います。

乳がんの疑いがある、すぐにMRIの予約と言うのは単純すぎます。診断が一定していない感じがあります。

もう一度別の乳腺外科で、しっかり見てもらってしこりがあるのか無いのか、

あるなら何ができているのかしっかり見てもらったほうがいいと思います。

0 コメント

2018年

1月

27日

質問869:乳がん検診の結果 非浸潤性乳管がんの疑い

Q869

36歳 未婚です。検診で乳腺エコーをした結果、嚢胞多発・乳管拡張あり非浸潤性乳頭癌が否定できないと言われました。

10×6×3㎜と言われました。今すぐに専門医に見せても生検などできないので3ヵ月後ぐらいに見てもらってくださいと言われたんですが,

3ヶ月後で大丈夫なのでしょうか?

3か月後でも大丈夫ですが、非浸潤性乳管がんが否定できないと言われて、3か月待つのは、不安だと思います。

早めに乳腺外科で見てもらってください。

0 コメント

2018年

1月

22日

質問868:乳がん検診の結果 のう胞の集簇と低エコー

Q868

はじめまして。

今年、19日に受けた人間ドックで、乳腺超音波検査の結果、左外側下部に小嚢胞集簇(11×9×6mm)

左外側下部に局限性低エコー(4×4×3mm)の所見が見られますので、1年後に検査を受けて下さい、と書かれていました。

これは、どのような意味のでしょうか。乳癌の可能性や今後の対処方法を教えて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

のう胞の集簇とは、のう胞という水の入った袋が集まっているという事です。

のう胞自体は、女性の60%以上の人が持っていて、がんになることもないので放置可です。それが集まっているだけなので、放置可です。

低エコーとは、超音波検査(エコー検査)で黒く見えるという事ですが、4mmなので放置可です。

乳がんの可能性が無いので、1年後再検査の指示です。1年後再検査の意味は、年に1回は検診を受けましょぅと言う意味と受け取ってください。

0 コメント

2018年

1月

16日

質問867:血性乳頭分泌

Q867

20176月ごろに下着のブラジャーに分泌液が付いているのに気がつきました。

若干少し血が混ざっているような色でしたので、びっくりして乳腺外科に行きました。エコーでは問題なしでしたが、

先生が乳首を絞ると分泌液が出てやはり血が混ざっているということ。そして嚢胞が存在するとのことでした。とりあえず経過観察となりました。

ただ不安が拭えなかったので別の地元の乳腺外科へ行きマンモグラフィーとエコーをして頂いたところ、ここでも異常は見つかりませんでしたが、

嚢胞の存在と乳管が拡張しているという診断を受けました。それから特に下着に目立つ分泌液は付かず1回ほど少し黄色の分泌液が付いているのかな?

くらいでした。そして半年が経過し先週に一番最初の乳腺外科に念のため診て頂こうと尋ねたところ、

先生が乳首を絞ると分泌液が微量ですが出ました。先生がリトマス紙?のようなもので調べたところやはり血が出ているという事でした。

またこの時にも嚢胞の存在はありました。ですが今回もエコーでは問題は見つからないとのことでした。私がすごく不安になってしまい

、色々聞いたり、もっと調べた方がいいのか尋ねると、先生の見解だと分泌液も少量だしエコーで問題ないのだから経過観察でいいのかなとは思うが、あなたが心配なら大学病院の紹介状を書きますよと言ってくれました。

どちらでもいいとのことだったのでとりあえず紹介状を書いて頂くことになり来週取りに行く予定になっております。

あれからとても心配で何をしていても頭から離れず、あまり寝つけません。

乳がんか何かでしょうか?色々調べると乳管内乳頭腫かもしれないと思いつつも、その疾患も後々将来癌になる可能性があるかもしれないと出てくるのでとても不安です。またとても痛みに弱く乳管造影や乳管内視鏡で調べると思うと怖くてたまりません。

このような症状ですが、乳がんの恐れはありますでしょうか?ちなみに年齢はもうすぐ29歳になります。また、先週検査に行き、昨日生理になりました。ホルモンバランスが生理前で乱れて血性乳頭分泌を起こしていることはありえますでしょうか?私の場合、

不正出血で左卵巣が多嚢胞性卵巣症候群と2年前ぐらいは診断されたこともありました。よろしくお願い致します。

ホルモンバランスの乱れで血性乳頭分泌が起きることはありません。生理周期に沿って血性乳頭分泌が起きることはあります。

血性乳頭分泌の大部分は原因不明です。良性腫瘍や乳がんが原因で血性乳頭分泌が起きると、搾れば必ず出るくらいの量が出ます。

貴方の場合、分泌が少量なのと、調べても異常がないので、原因不明の血性乳頭分泌でいいかと思います。

乳がんが心配なので、多少の痛みは我慢してきちんと調べることが大事だと思います。

0 コメント

2018年

1月

16日

質問866:針生検後のMRI

Q866

 MRIは、どこまで信用したらいいのでしょう。

今回 石灰化からくる非浸潤性乳管がんとクリニックで診断され、専門病院へ移りました。クリニックでは、組織診断もし、やや内出血もしています。

乳房内にも血の塊があります。病院での超音波では、クリニックと同じようなものでしたが、MRIでは、白い部分が多く映っており、

医師より「部分切除をして、その結果でがんが取れ切れていなかったら、また取りましょう」と言われました。確率的には低いと言われましたが。

マンモや超音波の結果では、ほぼ早期と思っていたのに、不安な気持ちで一杯です。

非浸潤性乳管がんに変化はありませんので、早期です。

MRIは何かできているのか、できていないのかは、診断できますが、乳がんか良性かは診断できません。

今回のMRIは乳がんがある事が分かっていて、行っているので、造影されて白く見える部分が、乳がんと断定して、乳房の切除範囲を決めます。

組織診で出血しているので、造影されて白く見える部分が、本当に乳がんのある部分よりも大きく見えていると思います。

「部分切除をして、その結果でがんが取れ切れていなかったら、また取りましょう」と言うのは、部分切除する人全員に言えることです。

これで全部取り切れているだろうと手術しても、術後にがんが残っていることは時々あります。

また、貴方の場合は石灰化の非浸潤性乳管がんなので、乳管の中だけを伝わっていき、乳房の中に広くがんが広がっている可能性もあります。

でも非浸潤性乳管がんなので、早期です。

乳房全摘だから進行がん、部分切除だから、早期のがんという訳ではありません。

0 コメント

2018年

1月

15日

質問865:良性腫瘍と転院

Q865

他院で、3年前に良性のしこりがあると診断されました。(念のためとのことで針生検まと大学病院でCTまで済み。)

経過観察で定期検診は受けてますが、説明が不十分(口数の少ない先生)で毎回不安が残ってしまいます。

病院を変えようと思うのですが、その際は、紹介状やデータなど必要でしょうか? 

セカンドオピニオンではなく、保険診療で新たにかかりたいのですが、、。

よろしくお願いいたします。

3年前に針生検して良性で、その後3年間変化がないのであれば、今あるしこりは良性なので、不安がる必要はないと思います。

保険診療で新たにかかりたいのであれば、紹介状なしでも診てもらえるとは思いますが、紹介状や画像があれば、余分な検査はしなくて済みます。

また、病院によっては、紹介状がないと、初診料が高くなる場合があります。

0 コメント

2018年

1月

15日

質問864:乳がんが人に移る?3

Q864

詳しく教えて下さりありがとうございます。血液が付着してしまうことがあるんですね。

先検の時に、プローベに血液が付いてしまって、血液が付いたまま健康な患者様の体につけて使用して血液が健康な患者様の体についてしまっても

毛穴や傷口から、血液が浸透して、乳がんはうつることはないですか? お忙しいのに何度もすみません。

乳がんの患者さんの血液が、他の患者さんの体についてもがんが移ることはありません。

生検の時に血液がついても、プローベ(超音波検査する先端)にサランラップを巻いて、直接プローベに血液がつくのを防ぐとともに、

検査が終わったら、サランラップを外して捨てるので、プローベについた血液や細胞が別の患者さんにつくことはありません。

0 コメント

2018年

1月

13日

質問863:乳がんが人に移る?2

Q863

ご回答ありがとうございます。先生も生検する際に乳がんのがん細胞が、先生の皮膚などに付着してしまうことがあるのですか?

超音波をしながらの先検をした時に、もしか超音波の機械のエコー部分にがん細胞が付着していて,

次の健康な患者様にそのままがん細胞が付着したエコーを使用して、

健康な患者様の体にがん細胞がついてしまっても大丈夫なのでしょうか?

生検の時に乳がんの細胞が、私の皮膚につくことはほとんどありませんが、血液がついたり、飛んだりします。

でも乳がんが移ることはありません。

超音波で見ながらの生検も乳がん細胞がエコーのプローベ(超音波検査する先端)に乳がん細胞が付着するとはほとんどありませんが、

血液がつくことがあるので、サランラップで覆って検査をしています。プローベに汚れがつくのを防ぐためと、簡単に捨てられるからです。

プローベについた血液や細胞が別の患者さんにつくことはありません。

0 コメント

2018年

1月

11日

質問862:乳がんが人に移る?1

Q862

乳がんのがん細胞を針で生検した際に、がん細胞が注射針から漏れてしまって他人の皮膚に触れてしまった場合は毛穴や皮膚から浸透などをして

体内に入り、がん細胞が増殖して、がんになってしまうということはありえるのでしょうか?

また口に入ってしまって飲み込んでしまった場合なども体内にがん細胞が入り、がんになることもありえますでしょうか?

とても気になっていまして、是非教えて下さい。

乳がんの細胞が他の人に触れたときに、その人が乳がんになることはありません。

乳がんになるのであれば、私がすでに乳がんになっているはずです。

また口から入っても、胃で消化されるし、他人のがんが生着することは無いので移りません。

乳がんのある乳房から出る、母乳を子供が飲んでも、乳がんにはなりません。

0 コメント

2018年

1月

11日

質問860:マンモグラフィと超音波の見える範囲

Q860

乳がん検診でマンモグラフィーを撮影する範囲と乳がん検診で超音波で見る範囲はマンモグラフィーと同じ範囲でしょうか?

マンモグラフィと超音波どちらも乳房全体を見るため、ほぼ同じ範囲を見ています。

厳密には、マンモグラフィではどうしても挟み込めない部分があるので、超音波の方が、少し広く見ている事にはなります。

0 コメント

2018年

1月

11日

質問859:乳がん検診の間隔

Q859

一昨年の10月にマンモとエコーの検査をしました。異常はなしです。

昨年の10月にも両方検診したかったんですが、病院のマンモの予約がいっぱいで、エコーしか検診できませんでした。エコーも大丈夫でした。

もう40以上なのでマンモも早めに検診した方がいいですか。それとも今年の10月にマンモとエコーの検査で十分でしょうか。

検診のマンモグラフィは2年に1回でいいことになっていますので、今年の10月の検査で十分です。

個人的には、毎年検診を受けたほうがいいと思っています。

理由は、毎年の方が、検診を忘れることが少ない。万が一見落しがあった場合、翌年には見つかる。

大きくなるスピードが早い乳がんが時々あるからです。

0 コメント

2018年

1月

11日

質問858:石灰化乳がんの増殖スピード

Q858

857の者です。返信ありがとうございました。

良性と診断された石灰化が悪性だった場合は通常はどのくらいの期間で、超音波で確認できるまでのしこりになるのでしょうか?

石灰化で出てくる乳がんはおとなしいので、しこりになるまで3-4年かかると言われています。

妊娠授乳は、女性ホルモンが多量に出るので、がんの増殖スピードが上がるので、もっと短期間にしこりになると言われています。

ただし、これらを確認したデーターがないので、確実な情報ではありません。

0 コメント

2018年

1月

09日

質問857:乳腺の良性石灰化

Q857

こんにちは。二年前にマンモグラフィーで石灰化があり良性と診断されました。

その後、出産、授乳がありマンモグラフィーを撮っていないのですが、先日超音波検査のみをして頂いて、異常なしの結果でした。

二年前の石灰化がもし悪性だった場合は、二年もたっているので超音波で、しこりがうつるのでしょうか?

2年前の石灰化が乳がんであれば、妊娠出産しているので今頃大きなしこりになっていると思います。

超音波で見えないのであれば、石灰化はやはり良性です。

0 コメント

2018年

1月

09日

質問856:乳腺のう胞

Q856

はじめて質問させていただきます。

現在2人目妊娠中で、妊娠8カ月です。約4カ月前に、上の子の授乳が終わり(断乳しました)、出産まであと2カ月ちょっとなので、

次の子の授乳が始まるまでに乳がん検診をしたいと思い、いつも妊婦健診を受けているクリニックで主治医に乳房エコーをしてもらいました。

右胸に嚢胞が2つあると言われましたが、特に心配はいらないと言われました。次の子の授乳がまた終わってから、

定期健診を受けて行けばいいよと言われました。

心配いらないと言われましたが、嚢胞という言葉がなんだか怖くて、エコーしてもらいましたが、

出産までにまた別のところでエコーして診てもらった方がいいのかモヤモヤしています。

先生が心配いらないと言われたなら、安心しても大丈夫なのでしょうか?心配いらないと言われましたが、モヤモヤしています。

よろしくお願い致します。

のう胞は、女性の6割以上の人が持っていて、がんになる事はありません。放置して大丈夫です。

のう胞は、自然に出来たり消えたりしますので、増えたり減ったりします。

のう胞は、エコーで簡単に診断できます。

0 コメント

2018年

1月

09日

質問855:乳房にできた皮膚のできもの

Q855

胸の内側の端の方にしこりのようなものができて中心に点があったのでニキビかなーっておもってつぶしていたら中からニキビの油がすこしでてきて

ひどくなりました。でも4日くらいすると腫れわ引き痛くもなくなり、しこりもちいさくなりました。でもいまだ中心に点などもないのに

しこりわのこったまんまです。それをつぶしたときに乳腺がきずついたりつぶれたりしてガンになったりすることってあるんですか?

できて1週間半めです。

状況から皮膚のできものです。乳がんになることもなければ、乳腺が傷つきがんになりやすくなる事もありません。

皮膚科で診てもらって下さい。

0 コメント
あんどう乳腺クリニック TEL:052-253-8281
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.