当日予約はお電話でお願いします。

WEBの希望予約枠に空きがない場合、お電話にてお問い合わせ下さい。

WEB予約での注意事項が下記にありますので、ご参照ください

 

ando breast Clinic 女性を手厚くサポートする乳腺専門のクリニック

身近な問題だからこそ、しっかりと検診を受け、早期発見・早期治療を。

日本における30歳から65歳までの女性が発症する癌の第1位は「乳がん」です。毎年、約5万人の女性(およそ12人に1人)が乳がんを患い、そのうち1万人もの方が亡くなっています。乳がんは早期に発見し適切な治療を行えば、決して恐い病気ではありません。しかし残念ながら、症状がないから大丈夫、自分は乳がんにはならないだろうと検診を受けず、発見が遅れてしまう人が多いのが事実です。当クリニックでは、高性能のデジタルマンモグラフィと高解像度の超音波装置を導入し、乳腺専門医と熟練した女性検査技師による的確な画像診断で、乳がんの早期発見・早期治療に全力で努めています。女性の皆様に安心してお越しいただける身近なクリニックになれるよう、スタッフ一同、誠心誠意を込めてご対応致します。

乳がんについて詳しく見る

診療案内

01.乳がん診察

1年に1回の検診が早期発見・早期治療に繋がります。

女性の中には乳がんの検診に不安を持つ方も少なくないでしょう。もし乳がんの診断が下されれば、「乳房を失うかもしれない」、「死んでしまうかもしれない」という不安が出てくると思います。
しかし、現在では画像診断が発達し、早期に乳がんを発見できるため、大切な命が救われるようになりました。
その一つが「マンモグラフィ」です。マンモグラフィは乳房専用のX線撮影装置で主に石灰化を診断します。
もう一つが超音波装置で、乳腺に隠れたしこりを診断します。
これらにより、乳がんの早期発見が可能となり、早期に治療を行うことで死亡率が格段に減少します。
乳がんの検診・早期発見・早期治療は、自分自身の大切な命を救うことになるのです。

詳しく見る
02.乳がん治療

乳腺専門外来だからできる早くて正確な診断と的確な治療。

当院では「内分泌療法(ホルモン療法)」「抗がん剤治療」「分子標的治療」を行っております。
内分泌療法は手術後5年間の治療が標準治療となっています。内分泌療法は急な入院が必要になることはほとんどありませんが、長期に渡るため、手術をした病院への通院は大変な時もあります。当院では、手術をした病院に代わり、積極的に内分泌療法を行っています。
抗がん剤治療は様々な副作用があり、入院が必要になることもあるため、手術した病院と連携をとりながら行います。仕事や家庭の都合で、午後や土曜日に治療を受けたい方など、ご本人、ご家族のご都合に合わせた曜日で治療が可能です。
また、当院では、がんの病診連携パスを使った、病診連携も行っています。
副作用でお悩みの方のご相談や、乳がん術後の経過観察通院も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

詳しく見る
03.その他診療

女性の皆様が安心して毎日を過ごせるようにサポートします。

他の病院ではただの不調や更年期障害と見落とされがちなバセドウ病などの「甲状腺疾患」をはじめ、乳がんの手術時、腋窩リンパ節郭清を行った後、腕が腫れる「リンパ浮腫」の診療も当院では行っております。
甲状腺疾患では触診、超音波検査、血液検査を行い、正確な症状を早急に確認・診断致します。
リンパ浮腫ではリンパセラピストによるカウンセリングや予防法、セルフケアの方法など、安心して毎日を過ごしていただけるよう、常に患者様の立場に立ち、親身にアドバイスをし、しっかりとサポートしていきます。
また、インフルエンザワクチンや子宮頚がん予防ワクチン接種も承っておりますので、ご希望の方はお気軽にご予約ください。

詳しく見る

診療情報

2018.10.3

  インフルエンザワクチンについて  10月15日から開始します。
    10月15日よりインフルエンザワクチンの接種を開始しています。
       1回 4,320円 (4,000円+消費税320円)で行います。

     名古屋市の補助は10月15日から開始です。 名古屋市補助の自己負担金は、1500円です。 

 

     各会社の補助も使えます。

2018.09.20

     年末年始の休診のお知らせ

   12月28日(金曜日)は、午前中のみ診察し、午後から休診します。

   12月29日(土曜日)から1月4日(金曜日)まで休診します。

   1月5日(土曜日)から通常診療になります。

2018.08.22

      休診のお知らせ

   11月24日(土曜日)は、乳がん検診学会出席のため休診します。

    ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

2018.08.03

  WEB予約始めました。翌日からの予約ができます。予約はこちら

   WEB予約で予約枠に空きがなくても、電話予約用枠に空きがある場合がありますので、

   WEBの希望予約枠に空きがない場合は、お電話で、お問い合わせください。

   当日予約は、お電話でお願いします。

2018.03.09

  代務医師の診察について。

     2018年4月から毎月第2土曜日、第3土曜日は、代務医師と院長の2人での診察になります。

      医師のご希望があれば、予約時にお伝えください。

2018.01.13

 スタッフ募集 受付事務 & 放射線技師

 当院は現在スタッフを募集しています。

 ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

2018.01.13

  リンパ浮腫外来閉鎖のお知らせ

   リンパ浮腫セラピストの退職に伴いリンパ浮腫外来を2018年3月末をもって閉鎖します。

   ご迷惑をお掛けしますが、ご理解と、ご協力をお願い申し上げます

2017.09.07

  インフルエンザワクチンについて  今年度は終了しました。
    10月15日よりインフルエンザワクチンの接種を開始しています。
       1回 4,320円 (4,000円+消費税320円)で行います。

     名古屋市の補助は10月15日から開始です。 名古屋市補助の自己負担金は、1500円です。 

     各会社の補助も使えます。

2016.04.12

  代務医師の診察について。

     2016年4月から毎月第3土曜日は、代務医師と院長の2人での診察になります。

     医師のご希望があれば、予約時にお伝えください。

2015.09.01

  クリニックリサーチ ジャパンから取材を受けました。

 http://clinic-r.com/search/d:218982/

2015.06.15

  ホームページがリニューアル致しました。

    今後とも、よろしくお願い致します。

2015.04.10

  名古屋市の暮らしの情報より検診のお知らせ
     名古屋市では特定の年齢の方を対象に無料クーポンによる乳癌検診を行っております。
     名古屋市在住の方は、がん検診の自己負担金が一律500円になりました。無料クーポンによる乳がん検診、

     500円のワンコイン乳がん検診も当院で行えます。

診療時間

診療時間
9:00~12:00
14:00~15:00 休診 休診
15:00~18:30 休診 休診

 

一般診療【予約優先】、 特殊診療【完全予約】
毎月 第2土曜日、第3土曜日は、院長と代務医師との2人体制になります。医師のご希望があれば、予約時にお申し出下さい。

 (第2土曜日、第3土曜日のいずれかが休診の場合、休診日の代わりに第1土曜日が2人体制になります。)

予約枠について

予約時間はあくまで目安となります。30分刻みの予約(30分の間に数名の診察予定)ですので、同じ時間の予約患者さんが存在します。
9時の予約であれば、9:00~9:30の診察枠、9時30分の予約では、9:30~10:00の予約枠になっています。

問診票や保険証の確認などがありますので、予約時間の10分前にはご来院ください。

9時の予約の方は8時50分までに、9時30分予約の方は9時20分までに来院してください。

予約枠の中で診察の順番が前後します。また、治療、処置の内容によっては時間がかかる場合があり、お待ちいただくこともありますので、

予めご了承ください。

 

 

WEB予約について

2週間先まで予約ができます。当日予約はお電話でお願いします。

当日のキャンセルは、お電話でお願いします。

お電話では、3か月先まで予約ができます。また、WEB予約の枠に空きがなくても、電話予約の枠に空きがある場合がありますので、

お急ぎの方は、お電話でお問い合わせ下さい。

 

WEB予約の方へのお願い

  • 予約時間の10分前にはご来院ください。
  • 診察で上半身は裸になりますので、上下分かれた服装でご来院ください。
  • 当院はクレジットカードに対応していませんので、現金をご用意ください。
  • 検診の方も保険証を必ず持参してください。異常があった場合は保険診療でさらなる検査をします。

 

PAGE TOP

2018年

10月

13日

質問1167:筋肉、脂肪へのがんの転移について その3

Q1167

乳がんや胃がんの検査はして異常なしだったのでしたが、左脇腹か左の助骨部分が2ヶ月くらい痛みがあり、

骨や筋肉脂肪にできる癌は稀なことということで、発見できていない癌があり脇腹に転移などしているのかなと心配しています。

腹部エコーもいましたが異常なしだったのですが、腹部エコーでは膵臓は見えない部分もあるとのことをしり,

単純MRIを受けた方が良いのか迷っています。

もし、わき腹に発見できていないがんの転移があって、痛みがあるのであれば、検査で必ず何か見つかるはずです。

何も見つからないのであれば、がんの転移ではなく、他の原因が考えられます。

膵臓で痛みが出るのであれば脇腹ではなく、背中かお腹の真ん中に痛みが出ます。

左わき腹、肋骨部分だと、肋間神経痛、胸膜炎、大腸の痛みなどが考えられますが、原因の分からない痛みもよくあります。

調べて何もないのであれば、そのまま放置でいいと思います。

 

MRIは安心したいのであれば、受けてもいいと思いますが、CTの方が、首から骨盤まで一度に検査できるので、早くて簡単だと思います。

0 コメント

2018年

10月

12日

質問1166:筋肉、脂肪へのがんの転移について その2

Q1166

単純MRIの腹部検査では膵臓や肝臓などは必ずうつると思うのですが、

左脇腹の骨や脂肪 筋肉に、癌などがあった場合は単純MRIでも画像にうつってきますでしょうか?

転移性ではない骨や筋肉 脂肪の癌は、かなり稀なものと聞いたのですが、そうなのでしょうか?

よろしくお願いします。

 

脂肪や筋肉にできた癌は、しこりで気づくとのことですが、しこりは腹部エコー検査で発見できますか?

それとも腹部のしこりはMRICTじゃないと分かりませんでしょうか?

単純MRIで骨や脂肪、筋肉にしこりがるのは、写ります

転移性ではない、骨や筋肉、脂肪のがんは、厳密にはがんではなく、肉腫と言います。

骨肉腫、脂肪肉腫などがありますが、珍しいのと、若年に多い病気です。

 

腹部エコーは、筋肉脂肪は診ておらず、お腹の中(腹腔)を見ているので、しこりとして触れるものであれば、分かりますが、

小さなものは診ていないので、見つからないと思います。

 

 

脇腹、骨、筋肉、脂肪などのしこりについて質問が続いていますが、何が心配で質問されているのでしょうか、

回数に分けて質問するより、一度にお答えできるので、何が心配で質問されているのか教えていただけますか?

0 コメント

2018年

10月

10日

質問1165:筋肉、脂肪へのがんの転移について

Q1165

例えば胃がんなどでも筋肉や脂肪には転移することはないのでしょうか?

筋肉や脂肪に癌があっても痛みがないことが多い場合はどのように気づくことが多いのでしょうか?

胃がんなどでも、筋肉や脂肪に転移することは珍しいです。

筋肉や脂肪にがんが転移するのは珍しいので、しこりができて、取って調べてがんだったという事になると思います。

0 コメント

2018年

10月

10日

質問1164:技師が行う超音波検査について

Q1164

こんにちは。

超音波検査のエコー技師の方は、どんなエコー技師の方でも医師と同じくらいにエコーの画像を読みとる力があるのでしょうか?

それとも医師の方が画像を見る力はすごいのでしょうか?

超音波を行っている技師は、医師と同じくらい画像を見る力がある人もいれば、医師以上に画像を見る力がある人もいます。

逆に技師に頼りっきりで、自分では超音波検査ができない医師もいます。

少なくとも、異常があるか、無いかを判断できる技師が超音波検査を行います。

技師が異常と判断し、それを最終診断するのは医師ですので、医師の目を通らない超音波の診断結果はありませんので、

技師が行う超音波検査も安心して受けてください。

0 コメント

2018年

10月

03日

質問1163:乳がんの骨転移の痛みについて その2

Q1163

お返事ありがとうございます。

骨転移を調べるときはCTMRIどちらが向いているのでしょうか?その際は造影剤の使用は必要ですか?

 

もうひとつお聞きしたいのですが、脇腹の筋肉や脂肪に転移している場合も、骨と一緒で、痛みがずっと持続するものですか?

痛みがない時があれば筋肉や脂肪にも転移してる可能性はないでしょうか?

筋肉や脂肪の転移の場合は、腹部超音波での発見はできますか?

よろしくお願いします。

骨転移を疑うのであれば、まずは骨シンチです。骨シンチで骨折しては生活に支障が出る部位に転移が見つかれば、その部位をMRIで検査します。

造影剤のアレルギー等がなければ、造影剤を使ったほうが情報が多くなるので、造影剤を使って検査します。

 

筋肉や脂肪だけに転移することは無いので、調べません。

筋肉、脂肪に転移したとしても、痛みは出ませんので、痛みは別の原因だと思います。

0 コメント

2018年

10月

03日

質問1162:乳がんの脳転移について

Q1162

このようなコーナーを設けてくださり感謝致します。宜しくお願いします。

早期発見の重要性を言われてるのにも関わらず、疾患した後は積極的に検査はしないと聞きます。

一般的に例えば脳転移について、少しの目眩や頭痛程度ならば、MRIをすすめたりはしないものですか?

先生は、不安な患者さんにどのようにお話されてみえますか?

乳がんを治すためには早期発見が大事です。しかしながら、遠隔転移(肺、肝臓、骨など)した場合は、乳がんが治ることはありません。

さらに遠隔転移を早期に見つけても、遅く見つけても、転移してからの生命予後に変わりがない事が分かっているので、

転移を早期に見つけるために色々な検査はしないのです。何も異常がないのに検査を続けると、お金と時間の無駄だからです。

ですから、必要な時だけ検査をします。

これが、世界標準ですが、日本は、誰でもどこでも、保険で安く検査ができるので、希望すれば検査はできることが多いです。

また、病院も検査をしないと儲からない日本の医療システムなので、検査をしてくれます。 

 

脳転移ですが、めまいや頭痛が、長く続けば検査をしますが、良くなったり悪くなったりしているのであれば、

他の原因が考えられるので、検査はしません。

0 コメント

2018年

9月

28日

質問1161:乳がんの骨転移の痛みについて

Q1161

こんにちは。

骨に転移したときの痛みはどのような特徴がありますか?

横腹が最近痛むのですが、骨転移で横腹が痛むことはありますか?

骨の転移は骨が痛みます。横腹なら肋骨が痛みます。柔らかい部分が痛むのであれば、こう転移ではありません。

また、骨転移の痛みは、痛みがずっと続きます。痛かったり、痛くなくなったりするのは、骨転移の痛みではありません。

 

0 コメント

2018年

9月

28日

質問1160:当院の予約なしの方の診療について その2

Q1160

前回は、とても冷たい対応をされてしまいましたが、予約外に関して問い合わせしたところ今回はこちらの勝手な都合にも親身に答えて頂き、

とても嬉しかったです。毎回この様に対応していただけたらとても嬉しいです。

ありがとうございます。

こちらこそ、不快な思いをさせて申し訳ありませんでした。

 

0 コメント

2018年

9月

28日

質問1159:当院の予約なしの方の診療について

Q1159

予約日が自分の感覚ではかなり先になってしまい、不安な日々を過ごすのが耐えられないため、予約なしで伺おうと電話で問い合わせたところ、

木曜だったため断られてしまいました。

そして、今の症状を聞かれたのでお答えしたところ

症状が急に悪くなるなんて考えられないそんなに急ぎじゃないから予約日まで待ったらどうかという内容を受付の方に電話口で言われました、、、

予約なしで伺うことがとても迷惑なこと、みなさんお待ちだということもよく理解しているつもりです。

ただ、不安な日々を過ごすのが耐えられず予約なしでお願いしたいこちらの気持ちも少しは汲み取った対応をお願いしたいと感じました。

そして、確かに木曜は院長先生のオペがあるとの旨がホームページにもかいてあったので理解できますが、

他の曜日に伺ってもいいだろうかとお伺いしたところお断りされてしまうこともあるとのこと、、、

且つ予約外で来るなら予約枠は今キャンセルしますか?みなさん待っているので早くキャンセルしてほしい。とのことを言われました。、、

みなさんお待ちということなんか言われなくても理解しているというのが正直な気持ちです。

それに予約外で伺う前に予約枠をキャンセルをしてお断りされてということが続くと、今とっている予約枠よりも先になってしまいます。

上記の内容から予約外で行くことをとても躊躇し、予約外は迷惑だと言われている様にしか聞こえませんでした。

こちらの都合で申し訳ないのですが、当日電話をかけた際に今日は予約なしは無理か可能か教えて頂くことはできないでしょうか。

そして、予約外を断るご判断は、受付の方がされているのでしょうか、、院長先生がされているのでしょうか

よろしくお願い致します。

不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

予約外での受診ですが、木曜日は、午後から西部医療センターへ手術のお手伝いに行っているため、手術時間に間に合うように出かけますので、

余程の緊急でない限りは、お断りしています。

他の曜日は、お電話で問い合わせがあった場合は、

○ 当日の予約枠に空きがある場合は、その枠に予約を入れて、診察するようにしています。

○ 予約枠に空きがない場合は、お待ちいただく時間が長くなる事、予約外の患者様がたくさんいらっしゃる場合には、

  来院されてもお断りする場合がある事をお伝えして、納得いただければ、来院していただくようにしています。

 

 すでに予約が先に入っている場合は、予約外で来院されるので、すぐに予約を取り消すのではなく、来院されて、診察した後に、

私が予約を取り消すルールにしてあるので、今回のお電話での対応は、当院スタッフが間違っています。申し訳ありませんでした。

 お電話で、当日の予約外の診察が可能かどうかは、電話無しで、予約外に直接来院される方もいらっしゃるので、

その時の予約外で来院される方の人数によって変わるので、お電話ではお伝えするのは、難しいと思います。

 予約外をお断りする判断は、電話を受けたものがしますが、判断に迷ったときには、私に相談があり、私が指示をしています。

 

予約外の診療をお断りする場合は、主に以下の2点です。

  診察時間終了後に、院長の予定が入っていて間に合わなくなる場合(なるべく予定は入れないようにしています)

  診療終了時間が遅くなった場合に、残ることができるスタッフがいない場合。

 

0 コメント

2018年

9月

25日

質問1158:胃薬と乳房の症状

Q1158

5月以降、食道炎の改善のため2か月ほどパリエット錠を処方され、さらに3週間ほど前にも長引く咳で耳鼻科と呼吸器科にかかり、

肺の胸骨のレントゲンを撮った所異常はなく、食道炎からくる咳だろうとのことなので、

食道炎の治療でネキシウム20mgという胃薬を二週間分処方されたのですが、薬を飲み始めた頃から両脇の付近の大胸筋が痛くなったり

(今でも右の大胸筋の脇側の部分に抑えると痛むところがあります)、薬を飲み続けて1週間ほどたった頃に乳首が痛んだので、

指で試しに乳首を押さえてみたら、右の乳首の乳頭からわずかに白い汁が付着しました。

ネキシウムなどの胃薬は女性化乳房や筋肉痛などの副作用があるそうですが、このまま薬を飲まずに放置しておけば今の症状は直るのでしょうか?

後、肺や胸骨のレントゲンで乳がんはわかるのでしょうか?

ネキシウム、パリエットなどの胃薬で、乳房のはり、乳汁分泌があります。

痛みは薬に関係なく出ますが、薬で痛みが強く出ることはあります。

これらの症状が乳がんになることは無いので心配はありません。

薬の内服を止めれば、症状がなくなるとは思いますが、逆流性食道炎の治療の方が大事だと思いますので、

症状は、こんなものと考えて、ネキシウムを続けたほうがいいと思います。

肺や胸骨のレントゲンで、乳がんは見つけられませんので、乳がんの検査は別で受けてください。

0 コメント

2018年

9月

20日

質問1157:透明な乳頭分泌

Q1157

42歳 乳首に白いカスが付く事があり、乳首をつまむと おもに右側から透明な分泌液があります。

強くつまんでやっと出る状態なのですが。

毎年 マンモと超音波は同じか病院で受けていますが、先生曰く、分泌液はホルモンの関係で気にすることはないと、

一年に一度の検診で大丈夫と言われました。分泌液を目にする度に不安になります。

マンモとエコーを定期的に受けていれば問題ないでしょうか?

今年は7月に受けたばかりです。どうぞよろしくお願いします。

乳房は元々ミルクを作ると臓器なので、分泌物も作ります。それが出てきているだけです。

赤、黒、茶色などの血液が混じった分泌は検査が必要ですが、それ以外はいくら出ても心配はありません。年に1度の検診で大丈夫です

0 コメント

2018年

9月

20日

質問1156:淡く不明瞭な石灰化の集簇

Q1156

いつも拝見し参考にさせていただいております。極小さな範囲の、淡い集簇的な石灰化について質問させてください。

(患者としては非浸潤のうちに切除して欲しいと願うので…)

・生検するには小さ過ぎて生検を断られる事がありますか?

・ 集まっている石灰化でも小さな範囲のものは経過観察で良いですか?

・どのような場合に、デメリットの多い過剰診断となるのでしょうか?

三重県在住の術後3年目になるホルモン治療中の52歳です。次のマンモグラフィは来年の8月の予定です。

お忙しい中、宜しくお願い致します。

ごく小さい範囲の淡い石灰化は、ステレオマンモトーム生検で検査ができます。

しかし、石灰化が淡すぎるとできないので、診て見ないとわかりません。

淡い石灰化は経過観察でも大丈夫です、定期的に検査して、石灰化に変化が出てからの、検査でも、手遅れにはなりません。

石灰化で出てくる乳がんはおとなしいからです。

過剰診断とは、検査しなくてもいい石灰化を、要検査にしてしまう事です。

 

貴方の場合、乳がんでホルモン治療中なので、まずは、3年前の手術の時のマンモグラフィと見比べて、変化があるかないかをみて、

変化があれば、ステレオマンモトーム生検をするのがいいと思います。主治医は何と言っているのでしょうか。

0 コメント

2018年

9月

20日

質問1155:エストロゲン曝露機関と乳がん その2

Q1155

 1151でエストロゲン について教えて頂きありがとうございました。

そうしますと、エストロゲン について、増やし過ぎない為にできる事などは、無いという事になるでしょうか?

それよりも、生活やストレスなどによりホルモンバランスを崩してしまわないようにするというのが、せめて出来そうな事と言えるでしょうか?

エストロゲン について教えて頂きましたが、ここ一年ほど、月経の周期も期間も縮まり、とても軽く、かなり勢いが無いのですが、

この事は乳がんを心配する上では、喜ばしい事でしょうか。

昨年帰国しましたが、四年間の在米中に、組織検査の結果、異型小葉過形成であり、生涯の罹患率は34%であるとの事でした。

先生にも34%は高率と言えるのお答えを頂きましたが、以前にこちらで、乳がんになりやすくも、必ずなるとは限らないと、教えて頂いて、

希望を持ちました。

早期発見してもらえるようにアメリカの医師の勧め通り、

半年毎にエコーとマンモグラフィのセット、また半年後にはMRIで診て頂いていますが、大袈裟でしょうか。

日常では何か出来ることは無いでしょうか。

免疫力を高める、というのが乳がん予防においても、キーでしょうか。

いつも感謝しています。ありがとうございます。

いずれ始まるかもしれない治療に、立ち向かい続けることの出来る精神と身体の強さを、身に付けたいものです。

エストロゲンを増やす、減らすなどのコントロールはできないので、自然に任せるしか方法はありません。

生理周期が短くなり、軽くなっているのは42歳の年齢では、閉経に向かっているわけではないかもしれませんので、

単純に喜ばしい事ではないかもしれません。婦人科で一度見てもらったほうがいいかと思います。

異型小葉過形成で、乳がん罹患率が34%ですが、乳がんにならない確率は66%2/3の人が乳がんにならないので、必ずなるとは限りません。

異型小葉過形成の人の、検査間隔の明確なデータはないので、何がいいかは分かりませんので、アメリカの医師と相談して、行てください。

免疫力を上げると言っても、正確には、何をすれば、免疫力が上がり、何をすれば、免疫職が低下するのかは、分かっていません。さらに、免疫力を測る指標もありません。

運動と笑いは、風邪のひきやすさ、がんのなりやすさを多くの人で調べると、運動している人、笑いの多い人が、風邪をひきにくく、

がんになりにくい、というデータからのものです。

免疫力を測る指標がないので、いかがわしい健康食品の合言葉は、「免疫力を高める」です。

0 コメント

2018年

9月

14日

質問1154:当院の超音波検査について

Q1154

一年に一度程そちらでお世話になっている者です

久しぶりにお伺いさせていただこうと思いましたところ、超音波は他の技師の方がされるという内容のものを拝見しました

どうしても院長先生に全て診て頂きたい場合はお願いできるのでしょうか、、、

電話予約時、または、来院時に「院長に超音波をして欲しい」と伝えていただければ、私が超音波を行います。 

診察の順番が多少前後しますが、ご了承下さい。

0 コメント

2018年

9月

14日

質問1153:MRIで乳がんは見つかるのか? その5

Q1153

1147で質問した者です。

質問の追加です。

・右胸外側や乳頭先に痛みを感じることがありますが、癌の症状とは関係ありませんか?

・リンパ転移に関しては何も言われていませんが、癌診断の場合、考えなくてもいいでしょうか?

・造影MRIをして疑いあり、これから組織検査をやりますが、ここまでやって良性の場合がありますか?また良性ならどんな病名になるのでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

今までのお答えと同じです。痛みは関係ありません。

乳がんだった場合でも非浸潤がんなので、リンパ節転移はありません。

MRIでは、乳がんか、良性かの診断は出来ないので、良性の可能性はあります。

0 コメント

2018年

9月

14日

質問1152:MRIで乳がんは見つかるのか? その4

Q1152

1147で質問した者です。先日造影MRIをやり、結果が出ました。

不均一高濃度乳房 背景乳腺の増強効果、小結節状増強域:陰性、最終月経開始後2日目

1.右乳腺AC領域に粒状小結節を複数認め、全体として区域性、内部clumped patternnon-mass enhancement上下19×左右19×前後65㎜を呈している。DCISないし乳管内病変主体の浸潤癌を疑う。乳頭直下までの進展を疑う。

2.左乳腺は明らかな異常を認めない。

impression

AC領域 non- mass enhancement

区域性、DCISないし乳管内病変主体を疑う。MGにおける石灰化病変との相関性を疑います。

となっていて、組織検査になりました。

画像では、乳頭から線のようなものがあったのと、白いツブツブが乳頭周りにいくつかあったのと、上部外側にポツリとありました。

癌の疑いは何割くらいになると思われますか?

また場所が、上部外側のものは、リンパ転移は考えられますか?先生には特に何も言われませんでした。

右胸に痛みを感じることがあり不安です。

組織検査が10月末で、結果は11月初めです。

進んだりしないか不安なのですが大丈夫なものでしょうか?

エコーで確認もしましたが、やはり何もうつらなかったので、10月末までそこでは待つしかないようです。

よろしくお願い致します。

MRIで乳がんか良性かの診断はできないので、乳がんの確率は、今までと同じで五分五分です。痛みは今ある病変とは関係がありませんので大丈夫です。

しかしながら、組織検査が10月末ということは、まだ、1ヶ月以上先という事ですね。乳がんであった場合、非浸潤がんなので、

進行することはありませんが、不安な気持ちが、1ヶ月以上続くのが、残念です。

どうしてそんなに遅いのでしょうか、他でも可能であれば、早く検査した方が、早く気持ちが楽になると思います。

0 コメント

2018年

9月

14日

質問1151:エストロゲン曝露機関と乳がん

Q1151

大変お世話になっております。42才で、子供は2人出産しています。

アメリカで、生涯で乳がんに罹患する可能性34%、とのことで、半年毎に検査をしてもらっています。この数字は、どのくらい高いでしょうか。

乳がんの原因はエストロゲン にさらされる期間が長いこと、と読みまして、ネットでエストロゲン について読みますと、恋愛すると分泌されるとか。

夫婦生活や、ドキドキしたりするようなことが良くないというのは、あまりに短絡的な捉え方でしょうか。

日々、乳がんになることを心配して暮らしていて、安藤先生が乳がんにかからない為に出来ることは無い、と書いておられるのに、

なんとかならないものかなぁと、免疫力を高めること、適度な運動や食事など、健康でいようと意識して暮らしています。

エストロゲン が気にかかり、主人に素っ気なくしてしまい、先生に相談させて頂きたいと思いました。

恋愛しなければ生理が無いというわけでもないのだから、こちらが何をしたらコントロール出来るというものではないのでしょうか…

無知の為、少々くだらない質問だと思いますが、こちらは大真面目でございます。

どうぞよろしくお願いします。

生涯乳がんに罹患する確率34%は何を根拠に言われているのでしょうか。日本人が日本で住んでいての生涯罹患率が約9%なので、34%とは高率と言えます。また、昔のデータでは、日本人が、ハワイに住むと乳がんの罹患率が上昇するデータがあるので、もしかすると、アメリカに住んでいること(食生活の欧米化)も罹患率上昇の可能性があるかもしれません。

エストロゲンの長期曝露とは、生理の開始年齢が早い人、閉経の遅い人、妊娠出産していない人などで、生理のある期間が長い人のことを言います。妊娠主産、授乳でも生理が止まるので、その間は違うホルモンが働いているので、エストロゲンは減少します。

恋愛、夫婦生活、ドキドキなどは、元々あるエストロゲンが、一時的に増えるだけなので、乳がんになりやすいことはありません。

免疫力を高めるのは、運動と笑いです。

0 コメント

2018年

9月

01日

質問1150:MRIで乳がんは見つかるのか? その3

Q1150

1147で質問させていただきましたが、再度いくつか教えてください。

①乳頭出血の細胞診の結果が偽陽性ではなく擬陽性の場合、悪性が高いのでしょうか?

 また乳頭分泌液の細胞診の結果がクラスIIIの擬陽性で、「泡沫細胞を伴う血性背景に核種大、クロマチン増量、

 核形不整を示す導管上皮由来の異型細胞小集塊を認める。乳管内乳頭状腫瘍を考える所見」となっていても、

 良性の結果が出る事があるのでしょうか?

②出血がほとんどなくなりましたが、何度も圧迫するとやはり茶色の出血がほんの少し出て、できってしまうとなのか、またしばらく出てきません。

 良性でもこのような事はありますか?またあまり触らない方がいいですか?

③非浸潤性の場合転移はないとお答えいただきましたが万が一、リンパ転移がある場合はエコーで見つかっていますか?またはMRIでわかりますか?

 背中側の肩甲骨のあたりが痛くて仕方ないのですが乳がんとは関係ないと思っていいでしょうか?

④マンモグラフィでは石灰化があり、エコーで何もうつらなかったとしても良性とはなりませんか?

 またエコーで何もうつらなければ、しこりはないと考えてもいいですか?

⑤ガンだった場合、飲食で何か気をつける事はありますか?特に大豆や飲酒は控えた方がいいのでしょうか?

MRIで悪性か良性か、ある程度はわからないのでしょうか?もしもガンだった場合、こうしている間にも病状は進んでいきますよね。

 早く手術や治療を始めたほうかいいのでしょうか?

 

以上です。結果出るまでにしばらくかかるので気持ちばかりが焦ります。

よろしくお願いします。

  偽陽性も擬陽性も同じです。悪性の疑いという事です。乳管内乳頭状病変なので、良性悪性どちらもありです。

  良性でも出血が出続けることはありますので、出血があるから乳がん、出血が無いから良性ということはありません。

  出血は良性悪性どちらでもいいので、病変があるという事です。しかし、全く異常がなくても出血することもあります。

  リンパ転移はエコーで見て分かる場合と分からない場合があります。

MRIも同じです。転移するような乳がんであればMRIをしなくても診断ができるはずです。背中側の肩甲骨のあたりの痛は、

全く乳がんと関係ないと思います。

  マンモグラフィで石灰化、エコーでは何もなくて、乳がんのことはありますので、良性悪性どちらもありです。エコーで何も写らなければ、

  しこり(腫瘤)はないと考えて大丈夫です。

  乳がんでも日常生活に気を付けることは何もありません。

  MRIでは良性悪性の診断はできません。しこりのない乳がんが、この間に進行することは無いので、

  きちんと調べて、納得して治療をした方がいいと思います。慌てて、治療して後で後悔するのが一番よくないです。

0 コメント

2018年

9月

01日

質問1149:マンモグラフィの撮影枚数

Q1149

マンモグラフィーは、通常左右で4枚撮影するそうですが、先日とある病院で片方のみ34枚多く撮影しました。

(写りが悪かったのか、それとも人聞きは悪いですが技師さんの腕の影響なのか)

このようなことはよくあるのでしょうか。1回分の想定内の量なのでしょうか。

また、多く撮ったぶん被曝量が不安です(私自身20代で若年なのも気になります…)。ご回答よろしくお願い致します。

マンモグラフィは通常は片方の乳房で2方向ずつ撮影するので、4枚ですが、気になる部分があるとそこの部分だけ、部分的に拡大して撮影し、

さらに方向を変えるので、枚数が増えることはあります。

マンモグラフィの被曝量は気にする量ではありません。

0 コメント

2018年

8月

30日

質問1148:MRIで乳がんは見つかるのか? その2

Q1148

1147で質問させていただいた者です。お忙しい中、お早いお返事をありがとうございます。

マンモグラフィと細胞診で引っかかっり、エコー検査では何も映らなかったのですが、やはり五分五分なのですね。

石灰化のある右胸や背中側に痛みを感じます。これは気にしなくてもいいのでしょうか?

もしかして転移ではないかと不安でいますが、そこまで考える必要はないでしょうか?

何度も申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

 

1147で質問させていただいた者です。

すみません。先程追加メールを送ってしまったのですが、痛みはないとお答えくださったのに、再度同じ質問をしてしまい大変失礼いたしました。

今の時点での転移の可能性はあるものでしょうか? お時間があれば教えていただけるとうれしいです。

 

1147で質問させていただいた者です。何度も申し訳ありません!

転移の可能性についてもお答えいただいていました。五分五分というので動揺してしまっているようで大変失礼いたしました。

ご丁寧にお答えくださり、ありがとうございました。

乳がんか、乳がんじゃないかが五分五分で、乳がんであっても非浸潤がんなので、転移はしません。

乳がんかもしれないというストレスで、痛みが出ているだけです。

0 コメント

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.