よくある質問

2016年

2月

23日

質問230:乳房のしこり 他院で再診

Q230

31歳で4歳と3歳の子どもがおります。3歳の子には1日に4回ほど右胸のみ授乳しています。1ヶ月前に左胸の外下側にシコリに気付きました。
その後、痛みも出てきたので1週間前に市立病院で受診しました。 その際、触診、エコー、マンモグラフィで診察を受けたら“エコーで見ると固さも形も悪いものでは
ない”“マンモグラフィでも凝縮した陰ではないので心配しなくても大丈夫”と云われました。しかし、細胞査をしていないのでガンだったらどうしようか、
半年後にまた診察に来て下さいと云われましたが、3ヶ月後くらいに違う病院で診てもらうべきかと思っています。
撮ったマンモグラフィ等の画像は他の病院に行くときに必要ですか?

 

他の病院で見てもらうには、行った画像検査と診療情報提供書(紹介状)があるとスムーズですし、余分な検査はしなくて済むと思います。

細胞診をするまでもない物なので、細胞診をしなったと思います。

0 コメント

2015年

11月

21日

質問134:乳がんの術後補助療法


初めまして。よろしくお願いいたします。右胸全摘手術を終え、病理結果がでました。非浸潤といわれてましたが、浸潤がん、ステージ1、悪性度低い。
センチネルリンパ転移なし。抗がん剤は必要なし。ホルモン感受あり。ホルモン治療をやるべきだといわれました。
詳しくはまた次回に旦那と一緒に聞く予定ですが、生理を止める注射を3ヶ月に1回、2年間。ホルモンががんにつくのを防ぐ飲み薬を10年間と
いわれました。(薬の名前とかはまだきいてません) 実際は目に見えない転移の可能性があるかもしれないですが、リンパ転移がない場合、
ホルモン治療は必要あるのでしょうか。 やる場合と、やらない場合とリスクはどれくらい違うのでしょうか。
わずかの違いしかないのなら必要ない気もするのですが、、。私は標準治療を否定するのではなくて、もちろん前向きに治療を考えてますが、
子宮がんのリスクもあると聞くし、はっきり完治なり再発率0ときけばやるきもおきますが、医師にわからないといわれて、
やる意味があるのか疑問をもちました。健康な人でも毎日がん細胞ができる中、わずかに転移してるかもしれない、位なら食事制限や生活習慣など
で防ぐことは不可能なのでしょうか。耐性がついたり、副作用なり、子宮がんのリスクを負ってまでやるべき治療なのでしょうか。
まとまりない文章ですみません。ご意見をお聞かせください。

非浸潤癌と言われていて、手術をしたら浸潤癌だった。悪性度(グレード)1、リンパ節転移ない、ホルモン感受性ありという状況でお答えします。
年齢と浸潤がんの大きさ、ホルモン感受性の強度が知りたいところですが、このままお答えします。ホルモン治療はするかしないかで、
するのであれば、タモキシフェン(ノルバデックス)だけでいいと思います。最近の傾向として、生理を止める注射は、高リスクな人に行い、
低リスクの人には行わなくなっています。セカンドオピニオンを求めて、ほかの医師の意見を聞いた方がいいかと私は思います。


ホルモン療法は、目に見えない転移に対して行います、リンパ節転移がなくても、直接血液に入って、転移している場合もあります。
ホルモン療法をする、しないのリスクの違いは情報が少なくてお答えできません。がんの治療で再発率ゼロの治療はありません。
いろいろな臨床試験のデータでよりよい治療法をお勧めすることになります。食事制限、生活習慣でがんの再発を防ぐことができるというデータも
ありません。すべての病気の治療にリスクのないものはありません。しかしリスクと有効性を比較し、有効性が勝る場合に治療を行います。
0 コメント

2015年

11月

01日

質問114:石灰化、再診察、セカンドオピニオン

30歳女性です。本日、総合病院にてマンモグラフィーとエコーを行いました。結果、右の乳房に石灰化が見られると言われましたが、
ガンの所見はなしで、異常なしとの事でした。良性であるために経過観察とも言われていないし、次はいつ受診したら良いとも言われず、
不安になりました。そんなに気になるなら、一年後に受けたら良いよ~と軽い感じでした。石灰化があるのに本当にそれで良いのでしょうか?
セカンドオピニオンは必要でしょうか? もし必要となれば、貴院でセカンドオピニオンを受ける場合、
再診の費用と検査費用はどれだけになりますか?

石灰化は、良性の石灰化と悪性の石灰化があります。良性の石灰化であれば、1年後の検診で十分です。悪性の石灰化であれば、
異常なしにはならないと思います。

 セカンドオピニオンとは、違う病院、または違う医師に、意見を聞くことで、元の検査所見、検査画像、診察した医師の紹介状が必要です。
検査画像、検査所見だけを見てもらって、意見を聞きます。もう一度検査をし直したり、新たに検査を追加したりはしません。 完全な自費診療です。
セカンドオピニオンではなく、不安なので、もう一度診察、検査を受けるのであれば、通常の保険診療になります。
当院でのセカンドオピニオンの金額は最初の30分は10,800(税込)以降30分毎に5,400円になります。
保険診療であれば、視触診、マンモグラフィ、超音波で、3,500円前後です。

0 コメント

2015年

10月

30日

質問106:しこりの診断について

年一回近所の開業医でマンモとエコーで乳がん検診を受けています。去年は何もなかったのに、今日受けたら、
エコーの技師さんが懸命に何度も検査器具を動かしていて、診察を聞いたら、6ミリの楕円の影がある、腫瘍かもしれないし脂肪のかたまりかもしれない
がたぶん良性だから半年後でいいでしょう、半年後に来てくださいと言われました。技師さんは若い女性、医師はおじいさん先生ですが、
触診はありませんでした。別の乳腺外来のようなところに半年を待たずに行くべきか迷っています。

1年前になくて、今年6mmのしこりは、良性でも悪性でもあり得ます。画像がどのようになっているかです。超音波で横に長いしこりであれば、
良性を考えます。縦に長いと悪性の可能性も出てきます。乳がんだとしても6㎜のがんが半年後に大変なことになることはまれです。
ご心配なら、別の乳腺外来で見てもらうのもいいと思います。技師、医師の年齢に診断能力は関係ありません。

0 コメント

2015年

1月

31日

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは何ですか?

セカンドオピニオンとは、現在かかっている医師以外の第三者の医師の意見を聞くことをいいます。
自覚のない病気や急な手術を勧められた時など、主治医と自分の考え以外の可能性を広げる意味で、セカンドオピニオンは非常に有効な手段といえます。
複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を自分自身で選択していくことができます。

2015年

1月

30日

セカンドオピニオンのタイミング

どのような時に、セカンドオピニオンを行うのが良いのでしょうか?

1.主治医に診断と治療方法を聞いたけど今一つピンとこない。
2.専門的すぎてお任せだったけれど、これからは自分自身で能動的に治療に立ち向かいたい。
3.主治医から勧められた治療方法を納得するにはちょっと情報が足りない。
4.主治医から説明を受けた方法以外の斬新な治療方法が見つかるかもしれない。
というような場合には、セカンドオピニオンを行うことをおすすめ致します。

2015年

1月

29日

インフォームドコンセント

ずっとお世話になっている主治医に「セカンドオピニオン」の旨を伝えるのは失礼になるのでは?

患者様の中には、そう思われる方がよくいらっしゃいますが、インフォームドコンセント(※)という考え方を分かっている医師でしたら、治療法を決定するのは患者や家族であることを十分に認識しているため、進んで情報提供してくださるはずです。
※インフォームドコンセント
対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、代替治療、副作用や成功率、費用、予後までを、正確な情報を医師目線ではなく、患者目線の分かりやすい言葉で伝えること。

2015年

1月

28日

費用について

セカンドオピニオンの費用は?

この制度は、他の医療機関からの紹介診療とは異なります。
セカンドオピニオンは保険診療の対象ではなく自費診療となります。
最初の30分まで11,880円(11,000円+消費税880円)、以降30分ごとに5,940円(5,500円+消費税440円)です。

2015年

1月

28日

必要な書類

セカンドオピニオンに必要な書類は何ですか?

1.年齢、性別、病歴(既往症)

2.診断名または症状(現状)

3.現在までの経過(できるだけ詳しく)レントゲン等の検査写真は貸し出し依頼をする。

4.主治医の意見

5.質問事項(箇条書き)
をお持ちください。

2015年

1月

27日

申し込み方法

セカンドオピニオンのお申込方法と問い合わせ先は?

セカンドオピニオンを行うには予約が必要です(完全予約制)。セカンドオピニオンは月曜~水曜、金曜の14時から行います。
診療時間内にお電話(052-253-8281)に予約をお願いします。ご予約の際に「セカンドオピニオンの予約」とお伝えください。

下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。

ご注意
ご返答は、ホームページ上で行わせていただきます。ご返答までの期間は決まっておりませんので、予めご了承ください。
また、直接質問された方へメールをお送りすることは致しません。
早急なご質問は、電話にてお問い合わせくださいますよう、よろしくお願い致します。

メモ: * は入力必須項目です

PAGE TOP
あんどう乳腺クリニック TEL:052-253-8281
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.