質問573 : 乳腺線維腺腫と針の刺激

Q573

始めまして。ご相談させてください。 先日初めての乳がん検診を受け、針生検の結果、「管内型もしくは乳腺症型の繊維線種」との診断を受けました。

がんでなく「繊維線種」とのことで安心できたのは良かったのですが、

実は、過去に下肢の「皮膚繊維腫」を手術したことがあり、その手術も、手術→残っていた組織から増殖し再手術を受ける流れとなり、

どうやら「皮膚繊維腫」ができやすいタイプのようです。

「皮膚繊維腫」は傷にコラーゲン繊維が集まって増殖したものとききましたが、胸の「繊維線種」とは腫瘍ができるメカニズムが違うものなのでしょうか?

生検で針を刺したことが刺激になり、腫瘍が大きくなってしまう可能性もあるのかが気になっております。

(今後も乳がん検診を受ける機会があり、がんかもしれないと言われれば、やはり生検が必要になってくると思うので)

お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

皮膚の線維腫と乳腺の線維腺腫は全く別物です。

乳腺の線維腺腫が針の刺激で大きくなることはありませんので大丈夫です。

あんどう乳腺クリニック TEL:052-253-8281
Cookie Policy
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.