質問916:針生検とマンモトーム

Q916

針生検について教えて下さい。先日 針生検を受けてきました。

マンモグラフィー(横向きに寝る体勢)を使ったので、マンモトーム生検だと思っていました。

家に帰って領収書を見ていたところ、CNBと書かれており、コアニードル生検だと分かりました。

確かに「パチンパチン」と何度か音がしていて、何の音だろうと思っていました。

マンモトームとコアニードルは、病状や画像によって使い分けるドクターもいらっしゃるようですが、先生はどのようにお考えでしょうか。

マンモトームと針生検は使い分けるというよりは、厚生労働省が保険診療するうえで、制限をかけているだけです。

マンモトームは、触ってしこりが分からない腫瘍や触って分からない石灰化に対してだけ行って良い事になっています。

なので、触って分かるしこりは全て針生検(コアニードル)で行わなければいけないのです。触って分かるしこりにマンモトームは、できないのです。

マンモトームの方が、確実に採取でき、採取量も多いので、診断もしやすいのですが、できないのです。

今回の貴方の場合は、多分検査を受けた病院にマンモトームがなかったのだと思います。

針生検でも、石灰化がきちんととれていれば、診断はできるので、心配はありません。

あんどう乳腺クリニック TEL:052-253-8281
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.