質問922:非浸潤がんについて

Q922

① 非浸潤性乳がんは、しこりを作らないようですが、進行して浸潤性になってしまったらしこりができるのでしょうか?

  そしてマンモグラフィーでしか発見できないと書いてあったのですが、進行などしたら超音波でも発見できるようになったりするのですか?

② 最近、乳首の痛みとかゆみが続いており超音波検査はしたのですが異常はなく、様子を見ているのですが、

  もしかして非浸潤性の可能性もあるの考えられますでしょうか?

③ 乳がんのタイプは非浸潤性と浸潤性とパジェットと大きく3つにわかれるというのを見たのですが。

  自己触診してしこりを自覚して病院に行き癌と診断されるような癌は、どのタイプのものになるのですか?

④ 何度もすみません。非浸潤性乳がんが浸潤性に進行するまでは人それぞれだとは思うのですが、だいたいどのくらいの期間でしょうか?

  非浸潤がんが、ある程度の大きさの浸潤がんになれば、しこりになり、触れると思います。

  石灰化だけで出てくる非浸潤癌は、マンモグラフィでしか分かりませんが、超音波で見つかる非浸潤癌もあります。

  痛みとかゆみは乳がんの症状ではなく、超音波で異常がないのであれば、石灰化だけで出てくる乳がん以外は大丈夫です。

  自己触診でしこりと分かる乳がんは、大部分が浸潤がんです。

  非浸潤がんが、浸潤がんになるには3-4年かかると言われていますが、正確なデータはありません。

  非浸潤がんを放置して、浸潤がんになるまで、経過観察した人がいないからです。

WEB予約
Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.