質問932:両側乳房の散在性石灰化

Q932

マンモグラフィーで石灰化を指摘されました。

画面を見たら小さい粒々がパラパラといろんな箇所に散らばっていました。良性との診断で、経過観察とも何も、言われませんでした。

そのような場合は、明らかに良性の石灰化として放置しておいてもよいのでしょうか?

時間がたつにつれ、その石灰化が増えて実は悪性という場合もあるのでしょうか?

両側にパラパラと散らばっている石灰化は良性です。経過観察の必要はありません。

良性の石灰化が悪性に変わることはありません。新たに悪性の石灰化が出てくることはあります。

両側に石灰化がある人が乳がんになりやすいことは、ありませんので、通常通りの年に1回の検診で十分です。

WEB予約
Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.