質問1011:乳房の石灰化について

Q1011

こんにちは。初めてマンモグラフィーを撮りました。その際に石灰化があると言われとくに何も言われませんでした。

石灰化のことを調べていたらまだ石灰化が小さくて半年後に再検査するという記事を見たのですが、

石灰化がまだ小さくて悪性か良性か判断できないことはあるのですか?

診察時に何も言われなかったのですが、撮影時に実はまだ石灰化ができたばかりで良性のように見えているだけで、

今後時間がたつにつれ石灰化が増えていき実は悪性だった場合もありますか?

石灰化は、①明らかに良性の石灰化、②良性悪性の鑑別が必要な石灰化、③乳がんの石灰化があります。

  は何もしませんし、放置で構いません、何も言われなかったのは、①だからではないでしょうか。

  は経過観察か、ステレオマンモトーム生検です。ステレオマンモトーム生検は石灰化が淡すぎるとできないので、その場合は経過観察になります。

この場合は、撮影時に実はまだ石灰化ができたばかりで良性のように見えているだけで、今後時間がたつにつれ石灰化が増えていき実は悪性だった場合もあります。

  はステレオマンモトーム生検か、超音波で見えることがあるので、針生検や超音波ガイド下マンモトーム生検をします。必ずがんの診断をつけます。

あんどう乳腺クリニック TEL:052-253-8281
Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.