質問1058:乳房のう胞

Q1058

現在37歳、二人目妊娠8ヶ月の妊婦です。

毎年1回会社の健康診断で乳腺エコーかマンモグラフィを受けており、今まで異常はありませんでした。自覚症状もありません。

先日も健康診断で乳房エコーを受けたところ、「左胸に嚢胞有。特に心配いりません」という結果でした。

①「嚢胞」というものは「悪いものではない・癌にはならない・癌とは別物」なのでしょうか、それとも「癌になる可能性もある」のでしょうか。

②「嚢胞」と診断されたが実は「悪性腫瘍(癌)」だった、というようなことはあり得るのでしょうか(少しでもその可能性があるなら、他の病院で再検査を受けようと思います)。エコーだけでも「これは嚢胞だ、心配いらない」と判断できるものなのでしょうか。

③「嚢胞」というのは妊娠が理由でできやすいものなのでしょうか。また、産後に自然に消滅することはあるのでしょうか。

④もし再検査を受けた方がいいなら、今すぐもしくは産後すぐにでも受けた方がいいのでしょうか。その場合、「授乳中はマンモはできない」と聞いたのですが乳房エコーだけでも受けるべきでしょうか。もしくは、また一年後には乳房エコーを受ける予定ですのでその時まで何もしなくても大丈夫でしょうか。

健康診断を受けた病院からは書面での結果が届くのみで直接結果は聞けず、どの部分にどういう嚢胞があるのかはまだ不明です。詳しく聞くにも再来院が必要とのことです。どうせ行くなら次は乳腺外科に行きたいと思い質問させて頂きました。結果の通り心配しなくていいのかもしれませんが、病院によっては嚢胞であっても精密検査をすると言うのも耳にしたので、心配で心配で…どうか御回答お願い致します。

のう胞は水の入った袋で、女性の60%以上の人が持っています。

のう胞ががんになることはありません。のう胞は妊娠に関係なくできたり消えたりします。

放っておいても、消えるときがあります。のう胞は超音波の検査で簡単に診断ができます。

授乳にも影響がないので、このまま放置で大丈夫です。次回は、授乳が終わって、乳房の張りがなくなったら検診を受けてください。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.