質問1145:のう胞と石灰化

Q1145

 初めまして。お忙しい中宜しくお願い致します。

右乳癌全摘して2年になります。先日うけたマンモグラフィで、健側に初めて石灰化が数個嚢胞近くに見付かりました。

(嚢胞も数ヶ月前から画像で確認) 触れるしこりは確認できません。

現在55歳、閉経後のフェマーラで治療中です。術後この状態で健側に新たに疾患するならばホルモン受容陰性であると思われ、怖くてたまりません。

そこで質問させてください。

検査結果を渡してくださった先生は何も仰りませんでしたが、早い時点で発見されるなばそれに越したことない!と、

生検をすべきではないかと思うのです。

嚢胞のあとに石灰化が見付かると言うのは、悪性の可能性は大きいでしょうか?

お返事、宜しくお願い致します。

のう胞の壁や嚢胞の中に石灰化ができることがありますが、この石灰化は良性の石灰化でがんになることはありません。

明らかな良性石灰化なので、何も言わない、何もしないのではないでしょうか。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.