質問1151:エストロゲン曝露機関と乳がん

Q1151

大変お世話になっております。42才で、子供は2人出産しています。

アメリカで、生涯で乳がんに罹患する可能性34%、とのことで、半年毎に検査をしてもらっています。この数字は、どのくらい高いでしょうか。

乳がんの原因はエストロゲン にさらされる期間が長いこと、と読みまして、ネットでエストロゲン について読みますと、恋愛すると分泌されるとか。

夫婦生活や、ドキドキしたりするようなことが良くないというのは、あまりに短絡的な捉え方でしょうか。

日々、乳がんになることを心配して暮らしていて、安藤先生が乳がんにかからない為に出来ることは無い、と書いておられるのに、

なんとかならないものかなぁと、免疫力を高めること、適度な運動や食事など、健康でいようと意識して暮らしています。

エストロゲン が気にかかり、主人に素っ気なくしてしまい、先生に相談させて頂きたいと思いました。

恋愛しなければ生理が無いというわけでもないのだから、こちらが何をしたらコントロール出来るというものではないのでしょうか…

無知の為、少々くだらない質問だと思いますが、こちらは大真面目でございます。

どうぞよろしくお願いします。

生涯乳がんに罹患する確率34%は何を根拠に言われているのでしょうか。日本人が日本で住んでいての生涯罹患率が約9%なので、34%とは高率と言えます。また、昔のデータでは、日本人が、ハワイに住むと乳がんの罹患率が上昇するデータがあるので、もしかすると、アメリカに住んでいること(食生活の欧米化)も罹患率上昇の可能性があるかもしれません。

エストロゲンの長期曝露とは、生理の開始年齢が早い人、閉経の遅い人、妊娠出産していない人などで、生理のある期間が長い人のことを言います。妊娠主産、授乳でも生理が止まるので、その間は違うホルモンが働いているので、エストロゲンは減少します。

恋愛、夫婦生活、ドキドキなどは、元々あるエストロゲンが、一時的に増えるだけなので、乳がんになりやすいことはありません。

免疫力を高めるのは、運動と笑いです。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.