質問1162:乳がんの脳転移について

Q1162

このようなコーナーを設けてくださり感謝致します。宜しくお願いします。

早期発見の重要性を言われてるのにも関わらず、疾患した後は積極的に検査はしないと聞きます。

一般的に例えば脳転移について、少しの目眩や頭痛程度ならば、MRIをすすめたりはしないものですか?

先生は、不安な患者さんにどのようにお話されてみえますか?

乳がんを治すためには早期発見が大事です。しかしながら、遠隔転移(肺、肝臓、骨など)した場合は、乳がんが治ることはありません。

さらに遠隔転移を早期に見つけても、遅く見つけても、転移してからの生命予後に変わりがない事が分かっているので、

転移を早期に見つけるために色々な検査はしないのです。何も異常がないのに検査を続けると、お金と時間の無駄だからです。

ですから、必要な時だけ検査をします。

これが、世界標準ですが、日本は、誰でもどこでも、保険で安く検査ができるので、希望すれば検査はできることが多いです。

また、病院も検査をしないと儲からない日本の医療システムなので、検査をしてくれます。 

 

脳転移ですが、めまいや頭痛が、長く続けば検査をしますが、良くなったり悪くなったりしているのであれば、

他の原因が考えられるので、検査はしません。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.