質問1240:1mmの浸潤がん、術後補助療法 その2

Q1240

Q1229で質問させて頂いた者です。回答有難うございました。先生からのご回答を拝読して、もう一つ質問させて下さい。乳癌全摘手術後(術前診断では非浸潤でした)、病理結果で1mmの浸潤の指摘がありステージ1となりましたが、ほぼステージ0でホルモン治療(タモキシフェン)はしておらず(子宮筋腫もある為)、タモキシフェンには遠隔再発の抑止効果は12%しかない、とのことですが、1mm浸潤のステージ1では、術後に無治療の場合、遠隔転移や再発をどの程度覚悟しておかねばならないでしょうか。。乳癌は全身病で、術後の治療が重要という記述に出会うたび、浸潤があったのにホルモン治療はじめ何もしていないことが正体なく不安になります。。このような質問で恐れ入ります。(49歳で昨年秋に全摘手術、ホルモン受容タイプですがルミナルABかは分かりません )どうぞ、よろしくお願い致します。

非浸潤性乳管がんの、10年再発率は、2-3%です。

非浸潤がんと言っても貴方の様な1mmの浸潤が隠れて存在している人も含めてのデーターです。

ですから、ほぼ再発しないということになります。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.