質問1245:マンモトームで乳がんの確定診断がつかなかった

Q1245

お忙しいところ失礼します。年齢36

マンモトーム 生検後、取れた石灰化から非浸潤がんの可能性があるが、大きさが2ミリのため癌と判断するまでにならず、

経過観察をすすめられています。

先生は石灰化はある程度取りきれたとおっしゃっていました。

 それでも気になる方はもう少し広範囲を切除して癌が見つかれば放射線治療をする方もいると先生から聞いています。

まずは半年後の経過観察で大丈夫なのでしょうか。ちなみに母親は乳がんを罹患しています。

もし、アドバイスがありましたらご返信頂けると幸いです。

よろしくお願いします。

経過観察をするのか、石灰化のあった部分を中心に広めに切除する手術をするかです。

手術をして、乳がんがあれば、放射線を追加して行い、乳がんがなければ治療終了です。

乳がんであった時が心配で眠れないようであれば、手術を勧めますし、あまり気にしていないようであれば、経過観察でいいと思います。

自分の気持ちの落ち着く方を選択するのがいいと思います。

 私の意見としては、現在乳がんの確証がない。乳がんでもないのに手術をして、乳房が変形してしますのは、やり過ぎ。

たとえ乳がんだとしても石灰化だけの乳がんはおとなしいので、半年後に検査をすれば、大事にはならない。

以上から経過観察で十分と思います

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.