質問1345:4.6mmの、のう胞と医師

Q1345

現在42歳。乳腺 背景乳腺>脂肪、1部位 乳腺 右ーC、所見 形状ー円形、楕円形 境界部ー明瞭ー平滑、境界線断裂ー無し 内部エコーー均一

後方エコーー不変 エコーレベルー極低 血流ー無し、サイズー4.6*2.3mm 個数ー単発(1)、カテゴリー分類ー3a

診断 上皮性腫瘍ー良性腫瘍ーのう胞 疑い、鑑別診断8、繊維線種、のう胞、脂肪腫、葉状腫瘍、過誤腫等

両側ともエラストグラフィでも観察しましたが、上記以外の明らかなSOLや不整エリアはみとめませんでした。

リンパ門伴う扁平LNあり

 40歳の市の乳ガン検診でしこりが見つかり、要精密検査でエコー検査をうけました。『こんな大きなしこりがあるのに、気づかなかったの⁉️

と言われたのですが、私の場合、胸が膨らみ始めた頃から両胸の中に『クラゲの頭の用なかたまり』があったので、普通だと思っていたこと。

むしろ小さくなって来たことを伝えました。エコー検査の時、あまりに緊張している私を見て、エコーの先生が声をかけてくださいまして。

過去にストレスで胃潰瘍や十二指腸潰瘍を患ったことを伝えると『明日 担当医から説明があると思いますが、心配しなくて大丈夫ですよ。

1つ膿疱はありますが中は水です。肝臓とか人間の体にはどこにでも出来るものだから心配ないです。貴女の場合、

今の状態が普通ですから良く覚えておいて、異変があれば次回の検診を待たずに、受診してください。』と説明してくださいました。

ところが翌日担当医のところへ行くと、助手の人と話ながらの触診。『はい、これが結果です。次回のがん検診も受けてくださいね。

はい いいですよ。』とだけ。不安になり『良性ですか?悪性ですか?経過観察は必要ないんですか?』と聞くと助手の方が『心配ないですよ。』と。

しかし担当医は顔も見ずに『僕の患者さんで良性の腫瘍で4年後に乳ガンになった患者さんもいるからね~。』と言われて。

すかさず助手の方が『それはケースが違いますし、不安にさせるような事を言ってどうするんですか‼️』と。そのまま診察室を出されました。

それ以来、不安で。ストレスからか高血圧にもなり、病院では特に180/110位まであがるようになりました。(現在降圧剤を服用して落ち着いてます。)

最近では動悸も(更年期?)。次の市の検診のクーポン券が届きましたが、怖くて足が向かず、病院をかけようかと

ネットサーフィンをしては不安になるばかり。大丈夫なんでしょうか?

よろしくお願いします。

担当医の態度が悪いだけで、4.6mmののう胞があるだけです。超音波をしてくれた医師の言う通りです。

4.6mmの嚢胞は大きな嚢胞ではありません。女性の6割以上の人が持っていて、がんになることはないので、放置可です。

今後は、違う病院で検診を受けるのがいいと思います。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.