質問1353:4.6mmの、のう胞と医師 その2

Q1353

早速のご回答ありがとうございました。この2年 本当に不安で不安で怖くて。先生のお陰で、やっと安心できました()久しぶりに夜中に目覚めることなく朝を迎えられました。ありがとうございました。今回の検診から、別の病院で受けることにします。

もう2つほど教えて頂けるとありがたいです。

先生に教えていただいて安心して1つ説明が抜けていた事に気づきました。『要精密検査』となった理由が

マンモグラフィーの画像を見ながら『右胸に約3cm、左胸に約5cmの腫瘍があるけど、こんなに大きなしこりがあるのに気づかなかったの⁉️』と言われて。正直、自分でも見ましたが白っぽくてうっすら曲線があるのかな?というくらいでよく分かりませんでした。なので『胸が膨らみ始めた頃から両胸の中にクラゲの頭のようなかたまりがあったので、むしろ小さくなったと思っていて、(かたまりが)あるのが普通だと思っていました。』と答えたら『直ぐにエコー検査をしないと‼️』と言われたんです。その時点では嚢胞の事は何も言われず、エコー検査中に『明日、乳腺外来の先生から説明があると思うけど、悪いものはではないから安心して大丈夫ですよ。ストレスで胃潰瘍にでもなったら、その方が大変だからね。あ~、ここに1つ嚢胞がありますね。中身は水です。肝臓とか人間の体にはどこにでも出来るものだから心配ないですよ。』と言われました。エコー検査後に、エコーの医師が『ここを触ってみてください。しこりが分かる?これが嚢胞の位置と感触。大きなしこりと、ここの小さなしこりの位置と感触をよく覚えておいてね。これが貴女の胸の普通の状態ですから。この状態より何か変わった事があったら、次回の検診を待たずに病院に来てくださいね』と丁寧に教えて下さいました。

その後、乳腺外来の先生の対応が前回の質問の時にご説明した状態だったので、何がどうなっていたのかが分からず、どんどん不安になってしまって。

 

① 確かに両胸に大きなかたまりはあるんですが、検査結果のどこにも書いてありません。嚢胞の事だけ書かれています。腫瘍と言われて精密検査になったのですが、何も書かれていないのは、腫瘍ではなかったからなのでしょうか?

② 『腋窩 リンパ門伴う扁平LNあり』とありますが、どういう状態なのでしょうか?

教えていただけると幸せます。よろしくお願い致します。

  まず、あなたが両胸の大きなかたまりと言っているのは、乳腺そのものです。なので乳房が大きくなり始めたころからずっとあります。

要精密検査は、マンモグラフィで大きなしこりが写っていて、そのしこりを腫瘍といういい方になっています。なので、腫瘍で要精査です。

そして超音波で検査したら、マンモグラフィに写っている腫瘍はのう胞だった。

触ってもしこりがあるがそれも、のう胞だった、という事です。

のう胞なので放置可です。

  リンパ門を伴うLNとは正常なリンパ節があるという事です。腋窩には生まれつきリンパ節があり、それが見えているだけで異常ではありません。

 

総合すると、貴方の乳房には、大きな嚢胞があり、それがマンモグラフィに写り、腫瘍と言われ、触診でも嚢胞が触れるので、

しこりがあると言われているのです。

今後の検診もマンモグラフィで嚢胞が写り、触診で嚢胞が触れて、要精密検査になるので、今回とは違う乳腺外科で、検診ではなく、

定期的に診察してもらうのがいいと思います。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.