質問1360:免疫染色しても鑑別困難

Q1360

乳頭からの血液混じりの分泌物があり、乳腺科を受診しました。マンモグラフィと超音波の検査後、生検をしました。

病理からの第1報は『正常あるいは良性。念の為に染色して最終報告します』と記入されており、

染色の結果の第2報では『鑑別困難、生検あるいはMMTが望ましい』と記入されていました。

ですが主治医は乳頭腫なのでMMTは必要ないのでまた3か月後とさらに半年後に超音波で様子を見ましょうとの見解でした。

マンモトーム生検が必要でしょうか?

免疫染色をした結果が、鑑別困難であれば、マンモトーム生検をした方がいいと思います。

主治医が言うように乳頭腫であれば、3か月毎に経過を見る必要はありません。

3か月毎に経過を見るのであれば、マンモトーム生検をして、白黒つけたほうが、気持ちが楽だと思います。

もう一度主治医とよく話をした方がいいいと思います。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.