質問1363:MRIで浸潤がんが見つかった?

Q1363

はじめまして。

5月の中旬に、検診で非浸潤性乳管がんの診断を受けました。その後MRIを受け、先日結果を伺ったのですが少し分からない事がありましたので、

こちらから質問させて頂きました。お忙しいところ恐れ入ります。

MRI結果の所見欄には『ADC値は、低値ではあるがIDCとしても十分な値です。造影後もIDCDCISの可能性を考える所見を呈している。

両者の混在、またはIDC の乳管内進展と考える。腫瘤状の染まりはIDCを思わせます。』とありました。

当初非浸潤がんとの説明でしたがMRIの結果、浸潤がんも見つかったという事なのでしょうか?

その場合、乳管内進展と考えるとありましたが、浸潤がんは乳管内に留まっているという事なのでしょうか?

お忙しいところ恐れ入りますが、宜しくお願いします。

MRIIDC(進運性乳管がん)を疑う部分がるという事です。

乳管内進展とは、がんが乳管の中をはって伸びていっているという事で、非浸潤がんの範囲が広い可能性があるということになります。

いずれにしろ、MRIでは、乳がんの広がりは分かるのですが、乳がんの悪性度や浸潤の有無は分からないので、あまり気にしなくても大丈夫です。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.