質問1397:乳がんとし診断された その3

Q1397

朝から晩まで診察で、やっと休める時には診療もしていない私達の悩みに答えていて、たまに笑わせてもらったり、

特にQ1152は先生の優しさがよく伝わり、助けを求めてしまいました。

どうしても悪性腫瘍は増えてすぐ大きくなるというイメージが拭いきれなくて、何度も同じような質問をしてしまったのに、

Q1389にもお答えいただきありがとうございました。

あんなに主治医に聞いても不安だったのに、胸のつかえが少しずつなくなり始めました。悪性と言われてから3週間たって始めて泣きました。

やっと現実に戻ってきたのかも・・・先生のおかげです。ありがとうございました。

私もずっとこの質問コーナーを励みに頑張ります。

最後に質問させてください

  今年2月からしこりに気がつくまで、毎日の激しいストレスで子宮筋腫・腺筋症のせいで子宮が腫れて腸閉塞みたいになったり、

 バセドウ病がとても悪くなったりしましたが、今回の悪性もこのストレスのせいで出来たのでしょうか?

  15年前位にリュープリンを使った事がありますが、生理痛がなくなった喜びで副作用は何も感じませんでした。

 ホルモン治療を行う場合、リュープリンを使うと耐性が出来てしまって副作用が激しく出ますか?

よろしくお願いします。

乳がんと言われて、泣かない人はいないので、やっとあなたが普通になったのだと思います。

泣かずに頑張るのもストレスですので、泣きたくなったら泣いてください。

 

①乳がんの原因が今だに分かっていないので、ストレスが原因の可能性もありますが、そうでない可能性もあります。

 ストレスが色々なホルモンに影響を与えるので、子宮が腫れたのは、ストレスが女性ホルモンに影響を与え、

 バセドウ病が悪化したのは、ストレスが甲状腺ホルモンに影響を与えた可能性はあります。

②リュープリンに対する耐性はできないので、副作用が激しく出るとは限りません。

 副作用は、薬を使ってみないと分からないので、どうなるかは分かりません。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.