質問1430:乳がん術後のマンモグラフィと超音波

Q1430

非浸潤乳管ガンと診断され、昨年左乳房全摘手術をしました。

非浸潤なので術後の治療や服薬は一切しておらず、一年ごとの定期検診のみといわれました。

先月術後一年検診に行きましたが、エコーのみでマンモグラフィーは行いませんでした。

担当医に「マンモグラフィーはしないのですか?」と訊いたところ「マンモかエコーどちらかでいいのです。

あなたの場合エコーだけでいいと判断しました。ご希望ならマンモもしますが

と言われ、「エコーだけで判断できるならそれでいいです」と言って帰ってきました。

私としては当然マンモグラフィーをするものと思っていたので不安なのですが、

医師が不要な検査と判断したなら無理に希望する必要はないということでよいでしょうか?

またこのとき医師から「この年に一度の検査は、全摘したほうではない残っている右側の乳房にがんが出来ているかの検査です」

と言われたので、それなら尚更マンモが必要なのではと思ってしまったのですが

ご回答どうぞ宜しくお願い致します。

あなたの言う通り、マンモグラフィは必要です。

残っている方の乳がんの検査で、きちんとしたデーターがあるのは、マンモグラフィだけです。

逆に超音波にはデーターは無いので、しなくていいのです。ガイドラインにもかいてありあります。

もう一度受診して、マンモグラフィをしてもらって下さい。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.