質問1446:浸潤径1mm以下のHER2タイプの術後治療

Q1446

先日、乳癌で右胸の部分切除手術をしました。生検の結果、1mm以下の浸潤癌で、HER2(3+)ki67(70%)、ホルモン感受性(-)でした。

傷が落ち着いたら、放射線治療をすると言われています。

医師は1mm以下の為、放射線治療だけでいいと言っていますが、それで大丈夫なのでしょうか。

心配で仕方ありません。ご回答宜しくお願いします。

HER2の状態、ホルモンレセプターの状態からすると、行う治療は、抗がん剤治療+ハーセプチンになります。

この治療を1㎜以下の浸潤がんで行うのは、やりすぎです。

部分切除なので、放射線治療は必要ですが、抗がん剤治療は必要ありません。経過観察で十分です。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.