質問1476:乳がんの手術の方法について

Q1476

妻が1ヶ月後位に乳がんの手術予定です。

組織診の結果は、ホルモン受容体陽性ER95%、PgR95%HER2受容体陰性、Ki67 18%

位置は右乳房右上。腫瘍8から10ミリ、腫瘍の外に乳管にそって少し広がりがありマージンをみて7センチ位取る必要が、

ありそうとの事です。

ステージ1、CT でリンパや遠隔転移なし。

手術としては

①ホルモン療法を半年して小さくなれば温存。但し、小さくなるかはやってみないと分からないとの事。

②すぐに手術して全摘、必要ならば再建。

③再発のリスクはあるが乳首を残しての切除。

1ヶ月後の手術と書きましたが主治医の先生には急ぐ必要が無いからゆっくり相談していきましょうと言って頂いています。

出来る限り温存出来ればと思いますが、再発のリスクを考えるとなにがベストかわかりません。

他にも手術方法があれば教えて下さい。

手術をしてみないと正確な事は言えないが、術後の治療も現段階では抗ガン剤は必要無さそうでホルモン剤治療になると

思うとの事です。先生のご見解を教えて頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

手術に関しては、画像を見ないと何とも言えませんが、主治医の提案は、間違っていません。

術前のホルモン治療に関しては、小さくなれば温存手術も可能ですし、小さくなるということはホルモン剤が、

乳がんに効いているという事になるので、術後に効果のあるホルモン剤を内服するという安心になります。

ただ半年間乳がんを抱えての治療になるので、乳がんを持っているという気持ちが耐えられるかという問題があります。

すぐに手術すれば、乳がんが体からなくなったという安心感が出ます。

乳頭をどうするかは、再建手術を考えるとできるだけ残したほうが、きれいに見えます。

しかし、乳がんが乳管を通って乳頭近くまで存在しているのであれば、乳がんを取り切れず、残ってしまう可能性がでます。

これに関しては主治医との相談になると思います。

術後補助療法に関しては、ステージ1のルミナルタイプなので、腋窩リンパ節に転移がなければホルモン治療だけで、

腋窩リンパ節の転移があれば、抗がん剤治療を考慮ということになります。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.