質問1499:新たにできたしこり

Q1499

5年前から左乳房の石灰化をフォローしている46歳です。

今までマンモでは変わりなく、エコーでは両胸のC領域にそれぞれ1つづつFA疑いの腫瘤を指摘されており、

年に一回の検査を続けていました。

ところが今年、マンモでは変わりがないものの、エコーで左胸A領域に新たに2つの腫瘤を指摘され、

一方がカテゴリー5充実腺管癌疑い、他方が非浸潤癌を否定できないとでました。

しこりには気づきませんでしたが、エコーで調べられていた付近に言われてみればしこりがあり表面がデコボコしているように感じます。充実腺管癌疑いの方はD/W0.81でカラードプラーで腫瘤の中に青い点が二カ所見えました。

診察の際に使用された画像はカラーのものはなく、医師の説明ではその2つの点は石灰化を反映したものじゃないかと

言い、3ヶ月後にエコー再検になりました。私は今までの石灰化はFA疑いの部分が映っていると思っていたのです。

私としては、全ての所見が悪性を示唆しているように感じて、このまま経過を見ずにすぐにでも検査したいのですが、

この状況でも良性の可能性は残されているのでしょうか。また早急に検査を行うことによるデメリットはあるのでしょうか。

すいません、状況がよくわからないのですが、

左の石灰化は、5年間変化なし、新たに左乳房にしこりができたと言うことですね。

超音波で新たなしこりを[一方がカテゴリー5充実腺管癌疑い、他方が非浸潤癌を否定できない]と診断したのは、

誰なんでしょうか? 乳がんの疑いのある病変を3ヶ月様子を見るのは良く無いと思いますので、

もう一度しっかり聞いてきた方がいいのでは無いでしょうか。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.