質問1509:乳がんと診断された その6

Q1509

Q1483の回答ありがとうございました。

手術から1ヶ月が経ち、放射線治療も6回を終えました。まだ言われているような副作用はありません。

悪性と言われてから今まで、あんどう先生がいなかったら心の病にかかっていただろうと思うと感謝してもしきれません。

また質問ですみません。

①手術した日から傷も腕の痛みもほとんどなく、手術したことすら忘れるほどでしたが、

術後1ヶ月経ち放射線治療をしてから、右胸と右腕の付け根と右肩と右の背中が痛いです。

放射線の影響ですか?ただの筋肉痛ですか?主治医は湿布を処方してくれただけでした。

1ヶ月で転移って事はありますか?

②放射線治療は一生に1回しか出来ないと聞きましたが、そんなに危険な治療ですか?

③どうしてもホルモン受容体+なのに注射で生理を止めないとなると、

悪性腫瘍の餌になってしまうのではないかと不安なのですが、抗がん剤をやらない治療法もあるのと同じで、

生理を止めない治療法もあると思えばいいですか?

④触ると硬くなってしまうので、乳輪が腫れてるのかしこりなのか分かりませんが、

最近ブラジャーや服にこすれてとても痛いです。手術前のいろいろな検査で乳輪の悪性腫瘍を見落とす事はありますか?

⑤子宮収縮のせいで腸閉塞気味のCTをとっても、腸閉塞のためのCTだと言って子宮の質問に答えてもらえず、

がんセンターでもほとんど関係ないと言われて質問に答えてもらえませんが、

がん相談支援センターは手術が終わった人でも今後の治療で不安な事など質問できますか?

よろしくお願いします。

本当は名古屋に引越ししたい位ですがそれは無理なので、これからずっと付き合っていく主治医とも、

あんどう先生の様に親身になって貰えるように、いい関係を作っていきたいと思います。 

  1か月で転移ということはありません。術後1か月はちょうど、手術で触った筋肉が固くなったり、

 放射線で乳房全体が固くなってくる頃ですので、その影響と考えられます。気にせずどんどん動かしてください。

  放射線は1部位に一生で1回が限度です。それ以上放射線を当てると放射線障害が出るからです。

 同じ部位でなければ放射線は可能です。例えば、右乳房に放射線して、その後左乳房に放射線を当てることはできます。

  その通りです。ノルバデックスは乳がんがエサ(女性ホルモン)を食べようとする口に鍵をする薬です。生理を止めるのは、体の中のエサ(女性ホルモン)を減らす治療です。

  乳輪部分の悪性腫瘍を見落とすことはありません。

  がん相談支援センターは、がんの人なら誰でもなんでも聞けますので、そちらで相談するのが一番だと思います。

 

  ありがとうございました。

 

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.