質問1512:オンコタイプDXの結果まで待っていて大丈夫か?

Q1512

7/26に浸潤性乳管がんで左胸の部分切除を行いました。

浸潤径25mm、グレード2、エストロゲン/プロゲストロン共に陽性、HER2陰性、Ki6724.4%、リンパ節転移なし、です。

8/13の術後の診察の際、抗がん剤への不安もあることからオンコタイプDXを申込み、

3週間ほどかかるということで現在待機中です。

放射線とホルモン療法は確定なのですが、オンコタイプの結果次第で抗がん剤を使用の場合には、

最初に抗がん剤から行っていくとのことで、今は身動きできず、

このまま何もしない状態で待つのが不安になってきました。

というのは、術中迅速病理にて乳頭側断端にわずかに非浸潤性乳管がんがあったとのことで、

今後追加切除するか、放射線照射ブースト追加のいずれかを選択するよう言われたこと。

さらに、最初の6/18の針生検では、グレード1Ki6721.5%であったこと。

手術までの約一か月で、進行していたと思うと、さらに再発進行してしまいそうで不安です。

安藤先生のご意見聞かせてください。

よろしくお願いいたします。

針生検の結果と手術標本のグレードやki67、エストロゲンレセプター、プロゲステロンレセプターの状態に

違いがあるのは、時々ある事なので、進行したわけではありません。

また、切除断端に乳がんが残っていたとしても12か月で進行することは無いので大丈夫です。

オンコタイプDXの結果を待ってからの治療で、手遅れになることはありませんので大丈夫です。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.