質問1567:細胞診で判定不能

Q1567

先日市の乳がん検診で触診、マンモ、エコー を受けたところ、触診とマンモは異常なし。

エコー は輪郭がはっきりせず、中もただののう胞とは疑わしいものがあると言われ、細胞針検査をしました。

結果は10人に1人の割合の判別不能と言われ、また同じ検査か3ヶ月後の経過見かマンモトームとのことでした。

経過見だとそれまで不安な日々を過ごさないといけないし、

同じ検査でまた判別不能だと意味ないと考えてマンモトームをすることにしましたが、これがベストだったでしょうか?

細胞針は確かに判別不能だったが、がんが見つかったわけではないと医師は言ってました。

それでも当然乳がんの可能性はあるわけですよね?

長文ですいません。

判定不能だった理由がはっきりしないと乳がんの可能性については分かりません。

  細胞はきちんと取れていたが、細胞だけの診断では、良性悪性の判断ができない、のであれば、乳がんの可能性はあると思います。

②細胞がきちんと取れていないため診断できない、のであれば、乳がんの可能性が低くなります。

 

貴方の選択は間違っていません、同じ検査をすると同じ結果が出る可能性はあるので、

マンモトーム生検の選択は正しいと思います。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.