質問1679:粘液がん

Q1679

マンモトーム生検により乳癌の20mm前後の粘液癌と診断されました。

エコー、CTでは現段階でリンパ転移はありません。

マンモトーム検査後、乳房内にあるしこりが2週間ほどで徐々に小さくなり触れなくなりました。

その後、粘液癌との告知を受け癌細胞を含んだ内容液が乳房内に漏洩しているのではないかと心配しております。

手術はマンモトーム検査より2か月先で、現状のまま放置していいものか心配しております。

担当医はこのことについて漏洩があったとしても、問題なく早急な加療は必要ないと言っていますが心配です。

担当医の言う通り放置して問題ないのでしょうか。

先生の見解をお伺いしたく、よろしくお願いします。

粘液癌はおとなしいので、慌てる必要はありません。2か月先の手術でも大丈夫です。

また、マンモトーム生検で、乳がんが針の穴に一度広がることは分かっていますが、

元のしこりから離れたがん細胞は、大部分が死んでしまう事が分かっていますので、

がん細胞が、周囲に散らばっても死んでしまうので大丈夫です。

あんどう乳腺クリニック

052-253-8281

WEB予約

名古屋市中区金山2-1-22 ブロシード金山2 1F

Cookie ポリシー
Copyright©あんどう乳腺クリニック All Rights Reserved.